東芝 dynabook Qosmio WXW/77GW

GPU
GeForce 9700M GTS
◆ 購入のきっかけと価格
Qosmio G30が内部に埃が溜まってる可能性もあり、温度管理が不安定でゲーム中にCPU温度が98℃とか・・パワー不足も感じるようになり買い替えを。
東芝パソコンシステムオンラインショップで10万円ポッキリ。

◆ 体感速度の変化
G30がメモリ4G積んでたせいかWXWが2Gだと少々モッサリ感を感じました。

◆ 液晶の質
こればかりはG30を比較対象にすると残念すぎる・・よく言われるように黒色の表現が悪いですね。

◆ キーボード:配列やタッチ
テンキーになかなか慣れません。ENTERが小さいので押し間違えも。
キーのタッチ感は慣れてくるとこれがいい感じですね。
ただ非常に残念なのがENTERキーとテンキーの間くらいが浮いててパカパカ音がします。

◆ サウンド
音は素晴らしく良いです。元々省スペースで使う事前提なので外付けスピーカーに頼らなくても十分なのが○

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
派手派手なのが好みが分かれるでしょうけど高級感はあるのかな?
USBポートが右に2個ではなく背面にも配置して欲しかったかな。

◆ 排熱:筐体の温度
排熱処理は優秀な方ではないでしょうか。アイドル時で35℃、高負荷時でも54℃。
手で触れる範囲で熱くなるような場所はありません。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
ファンは頻繁にうなります。ファンの音自体も静かとは言えませんが許容範囲です。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
気軽に持ち運ぶ大きさではありませんね。バッテリーもG30より少し薄いもののより大きいです。

◆ 総評
G30からのメインPCの買い替えなので液晶とかでG50が妥当と考えてたんのですが、普段の作業はG30がまだ現役で主にゲーム用だったので概ね満足してます。