HOME > レポート一覧 > にゃあ♪さんのユーザーレポート

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Progress MTX  にゃあ♪ さん

 No. 2930

  • 長所: 液晶
  • 短所: キーボード
CrystalDiskMark 2.2
 ReadWrite
Seq.243.6078.00
512k166.7076.51
4k15.8433.250
型番SSDSA2MH080G1C1
3DMark06 11456

◆ 購入のきっかけと価格
4年前に購入したノート(Prime Note Chronos VR2)の動作が重くなってきて、
メモリ増設やSSD+OSインストールで延命を図っていましたが、
そろそろ限界を感じ、また4・5年使うつもりで購入しました。
Quad Coreを使用してみたかったため、M860TUの中でフェイスを選択。
SSD 80GBにしたため、約30万になりました。

◆ 体感速度の変化
以前がPentium4 3.0Eなので比べるのが間違いですが、快適です。

◆ 液晶の質
とりあえず、ドット欠け等は無さそうなので一安心。
文字が小さいことよりも、画面が横に広くなったこと(15→15.4ワイド)に
まだ慣れません。

◆ キーボード:配列やタッチ
上側(F1〜F12)の列が波打ち気味。
同じClevoのベアでも先に使用していたD40EVの方がしっかりしてました。
また、日本語キーボードのせいか、Enterキーが異様にデカイです。

◆ サウンド
SRS WOWエフェクトという技術のせいでしょうか?
ノートで音は期待していませんでしたが、そこそこ聞けると思います。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
黒のヘアライン仕上げは個人的には結構好きです。
閉じたときのロックはありませんが、全体的にはしっかりしています。
LANコネクタが横出しですが、手前ではないので、まあ問題ないです。

◆ 排熱:筐体の温度
パームレストに熱は伝わってきませんが、
キーボード上は若干熱を帯びています。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
光学ドライブはそこそこの音がします。
ファンはD40EVの方が爆音でした。
某テストレポートでは排熱を指摘されていましたが、
冷却設計も昔に比べ、少しは向上しているのでは?

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
持ち運びは年2回の帰省時のみなので問題ありません。
ACアダプタは相変わらずデカイです。が、こんなものでは・・。

◆ その他
タッチパッドは手前のボタンの押す位置が分かり難く、
押し加減も若干固めです。

個人的には使用する機会があまり無いのですが、
ExpressカードやBluetoothが設定できなかったため、
後付け出来ないか検討中です。
また、BDドライブもそろそろ設定出来ても良いかと思います。

◆ 総評
まだ使い始めたばかりなので、
良いところも悪いところもこれからだと思います。
前回のマシンのように末永く付き合えたら、と。

Quadコアが選べるM860TUを選択されたにゃあ♪さん。ストレージにはSSDを選択。HPやDELLにもQuadノートはありますが、15.4型のものは無いのとCPU以外の構成が限定されるのが難点です。M860TUでもBluetoothが付けられなかったとのこと。一応Clevoサイトには「Factory Option」でBluetoothが仕様にあるので、対応パーツが入手できれば増設ができそうではあります。ハードルは高いですが。

最近はコスト削減でキーボード設計がおろそかになっているのか「キーボードだけは旧型のノートの方が良かった」というレポートが非常に多いのですが、にゃあ♪さんもキーボードは前の機種の方がしっかりしていたという印象を持たれています。長期使用では耐久性がちょっと気になるところです。長所には筐体をチョイス。ヘアライン加工された天板がGood! [2009-8-27]

< 免責事項 >
本ページ上の内容はレポーターさんが完全保証をしているものではありません。
本サイトの情報でおこるいかなる損害についてもレポーターさん、またサイト管理人も一切の責任を負い兼ねます。
自己責任のもとに情報を活用してください。

またレポートへの質問はレポーター個人に対してではなく、 「○○モデルのユーザーさんへ質問」といった広く問いかける形でお願いします。 主観以外のレポート内容で事実と異なる点があれば、管理人からレポーターの方にお伝えします。 ただ登録時のメールアドレス登録は任意ですので、連絡が取れないこともあります。

デル株式会社
HOME > レポート一覧 > にゃあ♪さんのユーザーレビュー