マウスコンピューター m-Book TW811S

GPU
GeForce 9600M GS
◆ 購入のきっかけと価格
 購入のきっかけは日替わり期間限定セール+XP Proセッティングできて11万ちょっとという価格でこれほどのスペックの物が手に入るとうPCだということに惚れて買いました。

◆ 体感速度の変化
 正直驚きました。5年前のノートPCと比べると天と地の差です。

◆ 液晶の質
 企業品、TOSHIBAやSONY系のノートPCに比べると劣りますが全然綺麗な方だと思います。

◆ キーボード:配列やタッチ
 スペースキーが若干押しにくい感じがします。

◆ サウンド
 まぁーノートに音質を求めませんが、良くはないです。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
 デザインはPSPのピアノブラックのように光沢があり綺麗ですがホコリが目立ってしまいます。USB端子とACケーブルを指す位置が正直邪魔な場所にあり使いにくいです。特にマウス等を使うとすぐ右横に指す状態になっているのでせめて後ろ側に端子を付けて欲しかったです。

◆ 排熱:筐体の温度
 排熱は結構いい感じだと思います。ただ高負荷のオンラインゲームを長時間すると流石に温度が上がってきますが熱いと感じるまでは上がりません。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
 凄く静かです。

◆ 総評
 総合評価としては100点満点中80点です。
 この価格でこれだけのスペックのPCが買えるとは思ってもいませんでした。

 オンラインゲームとしては・・・
 
ファンジーアースZEROは全設定を最高度にあげると流石に重いですが、ゲームをプレイするとしては全然問題なく遊べます。たまぁーにカクってくる程度です。

スカッとゴルフパンヤは全設定を高くしても問題ありませんが、スペースキーを使ってショットコマンドを入れる人はスペースキーが少し押しにくいので慣れるまでに時間がかかると思います。

モンスターハンターフロンティアは全てを高スペック設定にするとキツイものを感じますが普通にプレイするには十分な感じだと思います。