デル Studio 1555

GPU
Mobility Radeon HD 4570
◆ 購入のきっかけと価格
地デジのエンコをはじめたので観賞用に購入しました。
10万円

◆ 体感速度の変化
初期状態で起動時間は45秒くらいでした。
MPC-HCならH.264フルHDのアニメがCPU使用率10%程度で見れます。
Inspiron 6000だとフリーズします。

◆ 液晶の質
ドット欠けはありませんでした。
当たりでした。
光沢液晶は初めてですが、映り込みはきついです。

◆ キーボード:配列やタッチ
タッチは割りとしっかりしていると思います。
右Altが無いのと右シフトが小さいのは使いづらいです。よく使っていたので。
キーを打っているときにタッチパッドに触れやすいです。
筐体との境がフラットすぎるのか少し大きめで位置が微妙なのか単に慣れの問題なのか。HomeやらPageUpやらがエンターの右にあるのも押しづらいです。
届かなくてエンターを押してしまって意図しないものが起動したり確定されたりしました。

◆ サウンド
普通に聴いていて割れてなければ十分です。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
トポブラックですが、ダサいです。等高線や県境にしか見えません。
USB三個(eSATA兼)は少ないかなぁ。
電源ボタンが筐体右横についてるのは意味あるのかな?
電源ボタンがむき出しだと誤作動しやすい気がするんだけど。
電源コネクタも横じゃなくて後ろがよかったかな。
右側にマウスを置くスペースがあると判断してるからかな。
後ろに出っ張るというのならL字にすればいいんじゃないの?
閉まる直前のヒンジが堅いです。軽く閉じられるのに閉まる直前に勢いがついてバタンと閉じます。
逆に開けるときは堅くて筐体が浮いてしまって片手で開けないです。

◆ 排熱:筐体の温度
パームレストキーボードは暖かいです。
底面はちょい熱い感じ。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
動画鑑賞程度ならかなり静かです。
光学ドライブは結構うるさいですが、DriveSpeedに対応していました。
SD画質程度なら5倍速で転送速度的にも騒音的にも問題ないです。(MAX8倍速)
シークも次ファイルへの移動も非常にスムーズです。
フルHDクラスだと次ファイルへの移動がぎこちないです。
BDは持ってないので未確認です。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
2.5kgは重いです。家の中での移動なら問題ありませんが。
アダプタは薄いです。板チョコみたい。
アダプタのコネクタがコの字になっていてしまうときつけたまま縛りやすくなっている。
◆ その他
フルHD液晶なので文字が小さいです。
文字サイズを変えたりしていますが、やっぱり適用されてないとこも多々あります。
フルHDのアニメは元々の画質がいいので1280x1024のディスプレイで見ても大して変わらない気がする。
5000円でフルHDに変えられるんですが一長一短ですね。

◆ 総評
魅力は安さですかね。
ドット欠けがなくソフトとの相性問題もなくパフォーマンス的にも充分なのでイメージ的にはかなりよいです。
ランタイムかアンチウィルスの影響で3DMark06と05が起動できませんでしたが・・・。
最新ゲームではファンが常にぶんぶん回っているのでちょっと怖いですが、
設定を落として軽く遊ぶ分には問題ないかと思います。