ソニー VAIO VPCCW1AHJ

GPU
GeForce GT 230M
◆ 購入のきっかけと価格
嫁さんが以前、小さいパソコンがいいというのでN10JCを買いましたが、慣れてくるにしたがって液晶が狭い(解像度的に)というのでキャンペーンで1万安いこともありVAIOのCWを基本構成で購入。89980円でした。
ライトユーザでもなれてくると縦600ドットは狭く感じてくる模様。


◆ 体感速度の変化
これまでずっとXPを使用していてWindows7自体がはじめてのためいまいち比較はできませんが、概ねきびきび動きます。


◆ 液晶の質
最悪です。色は白っぽくて発色が悪いし視野角は上下左右とも30度程度しかありません。それ以上になると黒が完全に白飛びします。これまで使ったノートで最低です。


◆ キーボード:配列やタッチ
配列については最近では珍しいノーマルな配置なので使いやすいです。タッチはちょっとふにゃっとしていて好みではありませんが打ちにくいことは無いです。


◆ サウンド
低音、高音ともにあまりいい音が出ません。N10JCのスピーカのほうがよいです。


◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
ホワイトを選びましたが、パールになっているはずなのになぜか安っぽいです。強度は問題なく、パームレストを片手で持ち上げても大丈夫です。
コネクタはUSBが左(二つ)右(一つ)に分かれているので便利です。電源プラグはL字型でGOOD。


◆ 排熱:筐体の温度
FFベンチを30分ループさせましたがそれほどそれほど熱くなりません。ファンから出てくる排気はそこそこ熱いです。


◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
冷却ファン及びHDDの静粛清はなかなか優秀です。リビングで使っている分には高負荷時でも全く聞こえません。(書斎ではさすがに冷却ファンの音がします)
DVDスーパーマルチについては爆音ではないですが静かでもない感じです。


◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
14インチとはいっても16:9液晶なので横幅がかなりあります。また重いので家の中以外では移動させたくは無いですね。


◆ その他
久しぶりに国内メーカのPCを買いましたが最初から入っているソフトが多くて邪魔でした。速攻消しました。

◆ 総評
価格がもろに液晶に跳ね返っています。タイプNよりはましかなっと思ったのですがぜんぜんだめでした。Geforce GT 230Mですがベンチから見るとGeforce9600M GTとほぼ同等レベルかな。もしこの価格で平均レベルの液晶を積んでいたらとおもうとちょっと残念です。
あと、嫁さんのPC公開速度が速すぎです。