Lenovo ThinkPad T500 CTO

GPU
Mobility Radeon HD 3650
PC購入の際には、いつもこのサイトを参考にしております。
これまで、DynaBook G8、HP Compaq nx4300、Dynabook WXW、
ThinkPad X61と乗り継いできました。
今回、お礼の意味を込めて投稿させて頂きます。

◆ 購入のきっかけと価格
 使用していた G8が故障したのを機に、レノボの直販サイトから購入しました。
 Windows7の発売前でキャンペーン価格で158,550円でした。

 OS :Windows Vista Ultimate
 15.4型液晶(WSXGA+)
 HDD :320GB(7200rpm)

◆ 体感速度の変化
 CPUは台数限定でT9400からT9550に無料アップグレードできました。
 わずかな性能差でしょうが気分的には得した感じです。
 Vista Ultimateでの処理性能に全く不満はありませんが、
 WXWと比べて格段に早くなった感じはありません。
 
◆ 液晶の質
 青白っぽい感じで、視野角は不便に感じるほど狭くないと思います。
 ノングレア液晶なので美しさはあまり期待していませんが、
 解像度が上がっているせいかX61よりきれいに感じます。
 15型には(WSXGA+)がベストマッチだと思いますが、
 他社を含めてこの仕様が少ないのは残念です。 

◆ キーボード:配列やタッチ
 ボタンの配置は整然としていてとてもわかりやすい。
 スゥーっと入るサクサクしたキータッチが気分的に良いです。
 WXWのカチカチした悲しい気分とは対照的です。
 同じThinkPadでもX61の方がキータッチがちょっと固めに感じます。
 キーボードの高さ位置が低く、剛性感高いのも高評価です。
 また指紋認証は認証率が高く指先に合わせた造形もプラスポイントです。
 参考までにWXWの指紋認証はひどい認識率です。

◆ サウンド
 X61でのイメージから全然期待していませんでしたが、
 思ったよりこもり感の少ない良い音を出します。
 筐体が大きくなった分有利になったのでしょうか。
 ただ本格的に音質を求めるなら、外部スピーカーが必要です。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
 デザインは一見すると無愛想ですが、
 だんだん見慣れてきて不満もなくなります。
 天板は手触りもよく質感は悪くありませんし、
 ヒンジ部の剛性が高く、液晶の開け閉めもスムーズに行えます。
 しかしキーボード周辺の樹脂がチープ感を醸し出しており残念です。
 ただ、その樹脂性能のおかげか、パームレスト部の強度が高く、
 強く押してみても変なきしみ音がしません。
 USBは左側に3つ配置されていて、有線マウスだと引き回しが面倒ですので、
 無線式のマウスがお勧めです。
 
◆ 排熱:筐体の温度
 あまり重たい処理は行ってませんが、
 WXW、X61とは比較にならないほど優れています
 パームレスト部で、ほのかに熱を感じる程度で、
 うまく熱が分散されているようです。 

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
 アクセス時にはドライブの動作音は聞こえます。
 普通に静かで不満はありません。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
 机を掃除するときに移動する程度なので問題はありません。
 ACアダプタもWXWの巨大なものと比べればコンパクトですが、
 モバイル用途としてはちょっと大きいと思います。

◆ その他
 直販サイトでの納期目安は3週間でしたが2週間程で手に入りました。
 ただ、出荷案内のステータスはもう少しわかりやすくして欲しいですね。
 またOSをWindows7にアップグレードするキャンペーンがあり、
 申し込みをしたので、いずれ試してみたいと思います。

◆ 総評
 WXWよりもFF11のベンチマークが上回ったのには少々驚きました。
 サイズ、処理性能、扱いやすさをうまくバランスしてある機種だと思います。
 他社からもこの仕様の機種が増えることを期待したいです。