ソニー VAIO VGN-Z92JS

GPU
GeForce 9300M GS
◆ 購入のきっかけと価格
半年前にZ90-NSを購入したばかりですがSSDの速さを体験したかったのと、Windows7発売前でかなり安かったので買ってしまいました。9月に購入。
金額は175000円でしたがZ90を売って差額約50000円で買いかえれました。Windows7へも3150円でアップグレード可能で現在7の64bitで使用しています。


◆ 体感速度の変化
すごく早くなりました。
起動し立ち上がるまでが約50秒、終了時が約15秒です。
7にしてからは起動が少しだけ早くなった気がします。
特にZ90では終了に1分近くかかる時もあったのでかなり短縮されています。
ソフトの起動もHDDとは比べ物にならないぐらい超速になりました。


◆ 液晶の質
相変わらず明るすぎるぐらいに綺麗です。


◆ キーボード:配列やタッチ
Zシリーズになってからキーボードは格段に打ちやすくなりました。
自分ではこのキーボードの形が一番ベストです。


◆ サウンド
特に気にならず普通かと思います。


◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
今回は天板をボルドー(追加料金なし)にしましたがパッと見ではかなり黒に近い感じだったので個人的にはもう少し明るいほうがよかったです。


◆ 排熱:筐体の温度
CPUは前回T9600だったので今回は省電力なP8800にしましたが、夏場は通常時でもCPUが45~50度で排気口のあたりが熱くなってしまいます。
でもスタミナモードにするとあまり熱くなりません。


◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
SSDにしたのでHDDの時の僅かなカリカリ音すらしなくなり無音になりました。
ファンはP8800に変えてもスピードモードだと常に回っておりゲームなどをするとフル回転でかなり気になります。
こちらもスタミナモードにすると無音に近いぐらい静かになります。


◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
軽いしACアダプタも小さいです。


◆ その他
今回価格から+5000円のSSD128GBにしましたが、ソフトを入れる前でも65GBぐらいしか残らなかったので+20000円のSSD258GBにしてもよかったかと少し後悔。
どちらにせよかなり安いことに間違いありません。


◆ 総評
起動、終了時やソフトの立ち上がりが格段に早くなったので50000円で買い換えた価値は十分にありました。Windows7に安価でアップグレードできたのも良かったです。
アップグレード後に一つだけ不具合があり送られてきたサプリメントディスクを使用しても「スタミナ・スピードスイッチ」の切り替えができなくなりましたが、直接ソニーのサポートでグラフィックドライバをダウンロードしたら問題なく使えるようになりました。
初64bit機でしたが問題なくソフトも起動します。