HOME > レポート一覧 > AMYさんのユーザーレポート

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Alienware M15x  AMY さん

>> デル

 No. 3010

  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 7.2 7.5 7.3 7.3 7.2 7.2
3DMark06 12864
 

◆ MXM乗せ換え報告

AlienwareM15xのGPUをGeforceGTX260mからRadeon5870mに乗せ換えたのでご報告

※ 経緯
年末くらいから、ゲーム等で高負荷を掛け続けるとフリーズ(ディスプレイドライバーが応答無しになって操作不能に)してしまう事が増えてきてたので、PCを買い換えるか修理をするか悩んでいました。

サポートセンターへ修理を依頼 → エラー診断で引っ掛からないから出来無いと言われる^^;

半年くらい悩んでGPUを自分で買い換える事に決めました。
MXMモジュール自体はe-bayに結構出品があります。
自分は不慣れだったのでセカイモンを利用して、日本語で取引しました。

もともとがGeforce GTX260M、交換してもTDP的に題無い物の候補として
Geforce460mか560m、Radeonの5870,6870mを探していましたが、なかなか560mと6870mが無かった(あっても2万円↑等)ので5870mに決めました。
送料と関税は2000円弱。本体は11000円ほど。(円高って素晴らしい!)

交換の手順は至って簡単。
↓こちらを参考に、


1 裏蓋を外す
2 GPU側のファンを外す
3 GPU側のヒートシンクを外す
4 GPUカードを外す
5 ソケットに差し替える(この時グリスの塗布は忘れずに)
6 同じ手順で戻す
(作業時間およそ10分)

3Dmark06のスコアが伸びたのはもちろん、Windowsエクスペリエンスインデックスが大幅に改善されました。
3DMark06

MXMボードの換装にて、GeForce GTX 260M から Radeon HD 5870Mへとアップグレードされています。海外オークションとの日本語取引を可能にするサービス「セカイモン」で取り寄せておられます。費用は総額で1万3000円ほどと、デスクトップの換装並みの価格で収まっています。 [2012-5-20]

< 免責事項 >
本ページ上の内容はレポーターさんが完全保証をしているものではありません。
本サイトの情報でおこるいかなる損害についてもレポーターさん、またサイト管理人も一切の責任を負い兼ねます。
自己責任のもとに情報を活用してください。

またレポートへの質問はレポーター個人に対してではなく、 「○○モデルのユーザーさんへ質問」といった広く問いかける形でお願いします。 主観以外のレポート内容で事実と異なる点があれば、管理人からレポーターの方にお伝えします。 ただ登録時のメールアドレス登録は任意ですので、連絡が取れないこともあります。

デル株式会社
HOME > レポート一覧 > AMYさんのユーザーレビュー