デル Alienware M15x

GPU
GeForce GTX 260M
◆ 購入のきっかけと価格
今年は経費でPCを買っていなかったので、Windows7とCore i7が搭載されたタイミングで衝動買いです。
経費枠の関係で30万円ぎりぎりの構成にしました。

◆ 体感速度の変化
まだ到着したばかりで使いこなしていませんし、Windows7にも慣れていませんから、速いとしか言えません。
本レポートは、初期設定のままMicrosoft Security Essentialsを入れただけのものです。

◆ 液晶の質
15.6インチ フルHD W-LED液晶(1920×1080)。明るさや発色、視野角の広さなど、良好だと思います。
パイレーツオブカリビアン2をDVDとブルーレイで見比べてみましたが、小画面ながらDVDの粗雑さが一応わかります。

◆ キーボード:配列やタッチ
英語キーボード派です。打鍵の具合はいいと思います。
最右列のHomeやPageUpキーは慣れると便利だと思うのですが。
(余談ですがWindowsキーやAltキーと方向キー、HomeキーやPageUpキーを用いた操作は、マウス操作よりも速いと思います)
2ちゃんねるによれば、日本語キーボードでは「ろ」のキーが反応しないそうです。

◆ サウンド
なかなかいいと思います。もちろん低音はそれなりです。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
排気口を後方に展開しているため、コネクタが(電源さえも)すべて左右に配置されています。
個人的には、着脱しやすくて便利と思います。
ヘッドホン端子が2つあるのですが、ポータブルDVDプレーヤーを意識してのことでしょう。

◆ 排熱:筐体の温度
長時間の負荷でも、キーボード奥の天板が少し温かくなる程度で、パームレスト部はあまり変化がありません。
熱くなることを覚悟していただけに、嬉しい驚きです。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
ソニーoptiarc BC-5600Sのブルーレイコンボドライブでした。非常に静かに働いてくれます。
冷却ファンは高負荷時でも気にならない程度の音です。これで冷却がしっかりできているのだからすばらしい。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
筐体は五角形なのですが、この手前に飛び出した角のために、合うバッグが見つかりません。
厚み5cm弱という点についても同様です。それでもいざという時のためにバッグを探し続けたいと思います。
学生時代から分厚い教科書を持ち歩いていた習慣があるので、4kgは自分的には苦じゃありません。

◆ その他
10月28日注文で、11月28日到着でした。
とにかくパーツが品薄のようで、私より数日遅れて注文した方がいまだに到着の目処も立ってないそうです。
1ヶ月で到着したのはラッキーだったようです。

◆ 総評
dellが本気を出している印象で、好感の持てるマシンです。
ハイスペックPCはこれが初めてなので、いじり倒してみたいと思います。