デル Studio XPS 1640

GPU
Mobility Radeon HD 4670
初めての登録です。
 Vista 最後のベンチマークになります。
 次回は Win7でベンチマーク登録します。
 
 旧型になってしまいましたが、性能バランスが良く気に入っています。
 上記ベンチ以外に、幾つかベンチ結果記録します。
 新型の studio XPS 1645 お使いの方、ベンチ結果を多数登録して下さい。
 i7 の性能が気になります。どうぞ宜しく。

その他ベンチ結果
 DEVIL MAY CRY 4 DirectX10 Default 1280 x 720
 scene1: 77.70 | scene2: 72.01 | scene3: 88.98 | scene4: 60.58 | A

 フロントミッションオンライン オフィシャルベンチマークソフト 1280x1024
 スコア 22490 

 Super パイ
 104万桁 15秒   419万桁 01分30秒

 3DMARK03
 スコア 23641

 PCMARK05
 スコア 10392

MarkHDDALUGDIFPUD2DMEMOGL
2716192620630156947329332372115626157105


1日ベンチを走らせましたが、冷却台のお陰で Studio XPS 1640 異常ありませんでした。


------------------------ 2009.12.21 追記 ------------------------

前回レポートの追記です。
studio XPS 16 の製品レポートは多数登録されている様なので、実際使用して気
が付いた特徴をレポートします。

前回レポートでは、ベンチマーク結果だけのレポートと成りましたが、その結果
から日常仕事で使用中、おかしいと思っていた事の理由が解りました。

CADで制作した大型立体構造図等を、ムーブや回転映像で見ると、業務用Quadro
搭載PCを使用しても、多少の速度低下及びカクつきが発生します。
しかし予備機であるXPS 16にコピーし、同じ作業を行うとスムースに動きます。
描写のロジックが業務用とは違うと思っていましたが、改めてベンチマークを多
数走らせた結果、Radeon HD 4670 のOGL性能が非常に高い事が解りました。

蹴茶サイト登録用ベンチ specviewperf10 OpenGL(ダウンロード驚いた!) では
ベンチマークランキング1位の,Quadoro搭載PCと互角 又参考登録した Crystal
Mark 2004R3 OGL では,高解像度1920x1080で150000以上、中解像度1280x720で
180000以上、低解像度800x600では200000を軽く超えます。(Crystalサイトに同じ
名前で登録)このスコアはOGLが高いと評判の、Radeon HD 3870 や並のQuadoroを
上回ります。

その他登録したベンチ結果は、月並みです。

もう一つ気が付いた特徴として、GPU の OCに対する安定性でコア電圧 1.1Vで
GPU 750,メモリ 900程度でもフリーズも無く、エアフローに注意すれば登録用ベ
ンチを一気に走らせても問題ありません。(私のPCだけかも知れませんが)
何処までクロックを上げられるのか,挑戦した事は在りませんが、クロックを
上げすぎると、パフォーマンスやスコアの向上につながらず、アプリケイション
によっては逆にスコアが低下します。 私のPCでは、740,875 が最も安定して
パフォーマンス、ベンチスコア共に向上しました。

上記特徴は、私のstudio XPS 1640 特有なのか、この機種全般に共通するのかは
分かりません、GPU OC はお勧めできませんが、OGL高性能が共通する特徴ならば
工業デザイン用サブ機として、非常に期待が持てると思います。