ACER Aspire 5739B-MX24

GPU
GeForce GT 240M
◆ 購入のきっかけと価格
ディスクトップは置き場所に困るので、軽めのFPS用のノートがほしくて購入しました。本当はStudio 1557がほしかったのですが、年内には手に入りそうではないのと世話になってる電気屋さんに勧められて購入しました。価格は電気屋さんが\10000引いてくれたので、\109800。いろいろ調べたら、無理な値引きさせたかな・・・

◆ 体感速度の変化
Windows7は確かに起動が早いですね。余計なソフト入れてないのもあるけど。
サドンアタックは余裕でした。で、欲が出てオープンβ中の鉄鬼もやってみましたら解像度のみの変更なら問題なしでした。

◆ 液晶の質
きれいだと思います。解像度がもう少し高ければとなと思いますが、値段的に欲張りすぎでしょうか。

◆ キーボード:配列やタッチ
私の場合は、まるっきりホビー用なのでテンキーはいらないです。テンキーがあるために、肝心のW/A/S/Dが端に追いやられて押しにくいです。まあ、慣れの問題でしょうが。

◆ サウンド
低音はやっぱり軽いですが、ノートとしてはいいと思います。私見ですが、別途アクティブスピーカは要らないと思います。まあ、ゲーム中はヘッドフォンをしていますが。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
キーボード表面・液晶裏本体が光沢仕上げ+暗色(黒・濃紺)なので手垢が目立つのが不満です。カッコはいいと思うのですが、キーボードは光が反射してタイプしづらいです。

◆ 排熱:筐体の温度
2時間ぐらいのゲームでは排気口周辺も熱いとは思えませんでした。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
邪魔になるよう音はしません。さすがにゲーム中はファン音はしますが、静かだと思います。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
持ち運びはする気がないので重さなどは気になりませんが、3Kg未満なのでバックにでも入れれば問題なしだと思います。ACアダプターは大きめですね。

◆ その他
買って初めて知りましたが、OSは64bitでした。なのでレールロードタイクーン3等の古めのゲームは大丈夫かなともいましたが、今のところ問題なくできています。

◆ 総評
コストパフォーマンス的には満足しています。やりたかったこと(ノートでFPS)は一通りできましたので。