ソニー VAIO VGN-FW94FS

GPU
Mobility Radeon HD 4650
◆ 購入のきっかけと価格
Gatewayの6832JPを使ってたが4年使った事もあり壊れる前に買い替えを決意。
海外出張で使用するのですが「ホテルで据え置き 遊び専用」という使い方がメインです。
選択条件として「高性能グラフィック」「フルHD画面」の2点を必須とした上で持ち運べるサイズを検討しました。
候補として東芝やDELLなども検討しましたが本体(液晶)サイズの制限やここでVAIO Fの液晶の高評価で決めました。

ソニースタイルでキャンペーン中だったので割引もあり120000円で購入。
VAIOのブランドと本体デザインを加味すれば随分安くなったな~と感じました。

◆ 体感速度の変化
4年前のPCと比べると確かに速くなったと感じます。
ですが劇的と言う程ではないのでWin7が相当重いかと推測します。

◆ 液晶の質
さすがに購入の決め手となっただけに発色、輝度ともに十分満足できます。
これは前回の6832Jに比べると雲泥の差で良くなりました。

◆ キーボード:配列やタッチ
アイソレーションキーボードってやつは初めてですがとても打ちやすいです。
爪を伸ばす女性向けだけじゃなく指が大きい男性向けと考えてもいいと思います。
キータッチも6832Jと比べて好みでした・・・ただキー配列はやや使いにくいかもしれません。

◆ サウンド
個人的に一番残念な所がサウンドでとにかく高音重視な音質です。
おそらく量販店などで聞き比べれば「くっきりメリハリが出てる」いい音と感じるかもしれません。
しかし普通に聞くにはとにかく人工的に作られた疲れる音質で私の好みとはかけ離れていました。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
見た目は結構華奢なイメージがありましたが実際手に取ると質感や強度も十分ありました。
私は限定カラーのチタングレーを選びましたのでカラーで重厚感もあり満足しています。
コネクタ配置はUSBが右側に3個だけですので左側で使用する人は考慮した方がいいでしょう。

◆ 排熱:筐体の温度
3Dゲームを長時間やってもファンも煩くなく筐体もそれほど熱くなりません。
前の6832Jが結構排熱が悪かったのでこの点もかなり改善され満足しています。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
さすがにこのサイズでは重いですが18.6インチと比べると十分持ち運べます。
6832Jで使っていたPCバックに入ったので個人的には気になりませんね。

◆ 総評
外見のデザインや性能、冷却、騒音などは文句なく5点を付けたいのですが・・・サウンドのあまりの酷さに4点としました。
VAIOの看板を背負ってるモデルならもっとお金を掛けて上質なサウンドを付けて欲しいです。