デル Latitude D810

GPU
Mobility Radeon X600
◆ 購入のきっかけと価格
LavieTWを妻が常用し始めた為、しかたなくtx2105を家でずっと使っていたが、画面の小ささと狭さ(解像度)が我慢できなくなり、オーナーメイドのVAIOのFを買おうかとしていたところ、中古でこれを見つけて、VAIOと迷ったあげくTV機能は後付できるし、10万円以上の価格差に負けてネットで2万円弱で購入。
狙い撃ちではなくWSXGA+で引っかかったのがたまたまD810でした。リカバリとは別に未開封のXP Proも付属してました。

◆ 体感速度の変化
余計なソフトの入っていない素のXPで、基本ネット程度しかしないので、過去最高に速いです。Tx2105とは比較にならないくらいサクサクです。CPUもGPUもほぼ同じLavieTW(これもサクサクですが)と比べてももう一段速いです。レスポンスが一瞬って感じです。
メモリ512MB→1GBに増設、HDD40GB→160GBに交換しています。

◆ 液晶の質
DELLのビジネスモデルなので、全く期待していませんでしたが、綺麗です。視野角も発色も過去2台(dv9500とtx2105)のHPのパソコンと比べると全然良いです。LavieTWと比較してもグレアとノングレアの違いはありますが、実用上遜色ありません。最初光沢フィルム貼ろうと思ってたけど止めました。
15.4型で解像度がWSXGA+なので、画面広々で、tx2105で慣れてるので文字も小さくなりすぎず非常に使いやすいです。中古なので購入前にWUXGAモデルでも値段変わらなかったのですが、あえて避けました。
◆ キーボード:配列やタッチ
DELキーの位置が囲まれた位置にあるので使いにくいです。キーボードは打鍵感が薄くなんとなくフニャフニャしてる感じがします。

◆ サウンド
さすがにNECもHPもスピーカーはブランドを掲げていたので、D810は鈍感な私でも音の差がわかるくらいですが、TVも観れないし、音楽鑑賞もしないので、割り切り出来ます。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
なんか見た目ぶ厚くて、重いですが、その分プラスチッキーな割りに質感あるように感じます(感じるだけです)

◆ 排熱:筐体の温度
tx2105は不意に触れるとビックリするくらい熱くなっていたが、D810は熱の問題は感じません。

◆ 静粛性:HDD, 光学ドライブ, 冷却ファン
他の2台(LavieTWは最初は静かだったけど、ファンが壊れそうな音しる)がうるさいので、静かです。しかし最初付いてた40GBのHDDは、静かだったのですが、160GBに交換したところ、カラカラとうるさくなってしまいました。
まぁ一番気になるのが、HDDですからやっぱり静かです。ファンの音は感じません。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
最初、tx2105の代わりに車でも使おうと思ってたが、現物見て止めました。

◆ その他
ネットで購入時リンク先の仕様はPamM740はMobilityRADEON X300となっていたが、現物はX600だったので、なんとなくうれしかった。
一応ギリギリDDR2仕様だったので、使いどころが無かった512MBのメモリが活かせたのが良かったが、2枚目のメモリが(デカイ筐体なのに)キーボードの下にある事が最初わからなかった。

◆ 総評
VAIOと迷って購入したので、安物買いの銭失いとか、未練が残るとか思ってたけど、想像以上に良かったです。
もうこれ以上速度上昇(ネットオンリー)は不可能だろうというほど、快適です。
WIN7も興味がありましたが、多分こっちの方が私の使い道では速いかもしれません。GPUも古いゲームや軽い物程度なら今のオンボードくらいの実力はありそうです。