ACER Aspire 5740-15

GPU
Intel HD Graphics (500-766Mhz)
◆ 購入のきっかけや価格
今まで使っていたDELL inspiron9400では、時々使っているFLstudio(DTMソフト)が重くなってきたため、新しい
ノート購入を決定。最近動画エンコード用にパワフルなデスクトップを組んだので、ノートの3D性能は気にせず、コストパフォーマンス
重視で機種を決定。ヨドバシで\79800の10%ポイント還元。

◆ 体感速度の変化
さすがにcore i5はパワフルで、FLstudioのソフトシンセ、エフェクト使いまくりのデモ曲でも、負荷過多で曲がスローになったりしません。
winDVDの高解像度化エフェクトを目いっぱいかけた状態でも、DVDがきちんと再生されます。

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
安い機械なので、視野角の狭い光沢液晶ですが、実用上は問題ありません。
バックライトはLEDのようで、輝度は十分あります。

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
アイソレーションキーを意識した、一種独特の代物ですが、使いやすくはありません。
通常のキーボードの天板がただフラットになっただけのもののようです。

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
値段相応の音で、高音が割れたりします。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
コネクタは両側面に配置され、特に問題はありません。

◆ 排熱:筐体の温度
高負荷時に、ファンが回りますが、極端にうるさいわけではないです。

◆ 総評
acerのノートを購入するのは、3台目ですが(他はソーテックブランドとドスパラブランド)実用上は
問題ないです。メモリやHDDも多めで、BTも付いていて実質72000円は、DELLよりも安いです。
よい買い物をしたと思ったら、今日から¥3000のキャッシュバックキャンペーン開始orz。
人生そんなもんです。

3D性能については、まあ、予想通りともいえますが、組み込みグラフィックチップで、ベンチがきちんと
動くこと自体、ある意味驚異的と言ってもいいんじゃないでしょうか。