デル Alienware M11x

GPU
GeForce GT 335M
◆ 購入のきっかけや価格
SONYのクーポン(ソニスタへの旧型買取のポイント)の利用期限が2月8日まででZをまてずFを買ってしまったのであまりの予算で購入

◆ 体感速度の変化
普段のモバイルは工人舎のPMだったのですごく高速です。
PMはWizadryのユーザーシナリオ専用+メモ帳として活用してます。
Fはサーバー的な使い方してます。

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
一般的な視野角です。色は少し黒が薄いかなと思える感じです。
白も少し薄い感じです。
写りこみはあるのですがこの辺は壁紙を変えて対応していきます。

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
キーはエンターのとなりにpageUPとPageDownがあって
おしまちがえますが、なんとなく感触がいいので好きであります。
と電源ボタンがAlienなのがいいですね。
各種バックライトが個別に色の変更ができますが
指紋がキーにのこるのでお手入れが大変です。

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
耳がいいわけではないのですが
普通になってると思いますが、音はこもる感じです。
音質にはこだわらないので個人的にはOKですが
普通の国産のノートに比べるとかなり落ちるるのかも
しれないです。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
背面がACのみです。廃熱に中心です。
右側にUSBX2、音出力のみ、あとはすべて左側
この辺は好みがありそうです。

◆ 排熱:筐体の温度
ひざに乗せてベンチを取りましたが
ファンからの風がずっとでてました。
熱くなってるとは思います。
背面は熱くなりますが表面はほんのり暖かい程度です。

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
ファンはそれなりに音がしますが
サブマシンはメインマシンで何かしてるときなので
気にしてません。
ファンは何かするとだいたい回ってます。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
見た目以上に重かったです。ACは普通サイズです。
バッテリーがそのままでは取り外せなかったです。
ちょっとびっくりしました。

◆ その他
Windows エクスペリエンスインデックスでの計測では
グラフィック3.2と不思議でしたが
HYBRIDなのを忘れてました。FFベンチして始めて
おかしいと思ってあちこちみてました。それでも
4000前後とあまり振るわないです。
Fn+切り替えでGeforceGT335にきりかえました。
結果はGT335で実施してます。
すべては購入時そのままの設定で実施してます。

◆ 総評
デスクトップ置き換えゲームマシンにするなら
M15xの方が値段、性能のバランスがよさそうです。
持ち歩くには2kg前後なので可能なのですが重さと性能の
バランスという意味では不満がありそうですがかわりもので
注目集めるにはよいのと魅力的な値段ではあると思います。