HOME > レポート一覧 > カズハさんのユーザーレポート

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

LOOX C/E70  カズハ さん

 No. 3161

  • Intel GS45
  • Core 2 Duo SU9400 1.4Ghz
  • 4 GB
  • Win7 x86
  • 長所: 液晶
  • 短所: キーボード
  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 4.3 4.9 3.2 3.2 7.4 3.2
CrystalDiskMark 2.2
 ReadWrite
Seq.221.79130.18
512k166.77114.80
4k22.107.458
型番HMSM128G-10

◆ 購入のきっかけや価格
RX2とR8Wを使っていたのですが、ツルテカ液晶のCULVも欲しくなり購入。
屋内でDVDや動画を見る分には、こちらの方が良いですね。
送料込み74000円でした。
後継機種が出る直前だったので、微妙にやってしまった感もあります。

◆ 体感速度の変化
メモリを2GB増設、HDDをSSDのHMSM128G-10に換装してあります。
ファームが提供されない等問題がありますが、HANAのSSDはコストパフォーマンスが良いです。

Intel SSD+SU9300のRX2と変化ありません。
通常の作業では、全然ストレスが溜まらなく快適です。
エンコ以外の作業はこれで十分ですね。

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
CULV特有の11.6インチ液晶で、発色・輝度・視野角、どれも悪くありません。
Vaio T等と比べると数ランク落ちますが、値段を考えると上出来ではないかと。
光沢液晶が嫌いな場合も、AS1410用の液晶フィルターを貼ればそれなりに改善されそうです。

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
配列やキー幅は素直ですが、打鍵感はかなり浅いので好き嫌いが分かれそうです。
タッチパッドも狭め。
個人的に、この項目は若干マイナスポイントです。

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
耳が良くない方なので気のせいかもしれませんが、ヘッドフォン時の音質はRX2等より上に感じました。
(当てたドライバの関係かもしれませんが…
音飛びも全くなし。
スピーカーの音質はお察しください。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
天板やパームレストの質感は素晴らしいです。
プラスチック部分も許容範囲内。
自分は赤モデルでしたが、黒モデルならさらに質感アップ。
耐久実験もされているらしく、強度もそれなりにありそうです。
重量的にモバイルではありませんが、気軽に持ち歩いても大丈夫かと。

USBポートは右に2個、左に1個と使いやすい配置。
しかしExpress CardもPC Cardも使えないのは…。
さらにSDカードが奥まで刺さらなくて、微妙にはみ出します。
拡張面は×。

◆ 排熱:筐体の温度
パームレスト左が若干熱くなりますが、問題ないレベルだと思います。
底面も問題無い温度。

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
通常設定では、ファンが過剰に回っています。
他機種と比べると、少し五月蝿いですね。
一応BIOSでサイレントモードにすれば静かになります。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
1.6kgと持ち歩くのは辛いです。
ACアダプタも純モバイルより大きめ。
バッテリー駆動時間は、無線LANオンで普通に使って4時間と合格レベル。
ずっしり重いバッテリーのおかげでしょう。

◆ その他
リカバリディスクが付属していなく、メーカーから購入すると5000円も取られます。
私はTrueImage9でコピーしましたが、Cドライブ(不可視のブート)、Dドライブ(Windowsインストール)、リカバリ領域と、コピーするには面倒な構成でした。
(元のHDD容量320GBより、コピー先が大きければ簡単ですが…
一応コピー後に正常にブートできましたが、プリインストールソフトの多さも気になって、結局手持ちのWindows7 DVDでクリーンインストールしました。
ライセンスは付属のOEMのものでOK(電話必須ですが)なので、Windows7のインストールDVDは持っていると便利ですね。

◆ 総評
国内メーカーらしく無難な作りですが、ライバル機種と比べて重量と価格、この2つが負けています。
物としては決して悪くないのに、人にはあまり薦められません。
AS1410等は4万円台前半、Lavie M(Core2Duoモデル)でさえ6万円台中盤で買えますから…。
しかし考えてみると、暴落しそうなのにしていない所が不思議です。富士通マジック。

SamsungからスピンアウトしたHANA Micron社のSSDに換装されたカズハさん。ファームウェアは不具合に対応する上で必須ですが、メインストレージに使っているドライブに対してあまり頻繁に更新されても困るところではあります。体感速度はIntel SSDに引けを取らず。
 → 新興SSDメーカー、HANA MicronのCEOに展望を聞く

富士通のリカバリディスクは一律5000円になってます。3000円のメーカーもあるのでちょっと割高でしょうか。カズハさんはHDDを丸ごとバックアップしたのち、手持ちのWin7 DVDでクリーンインストールを行い、ライセンスは付属のものを使ったとのこと。
 → リカバリディスク有償サービス - AzbyClub - サポート : 富士通 [2010-3-30]

< 免責事項 >
本ページ上の内容はレポーターさんが完全保証をしているものではありません。
本サイトの情報でおこるいかなる損害についてもレポーターさん、またサイト管理人も一切の責任を負い兼ねます。
自己責任のもとに情報を活用してください。

またレポートへの質問はレポーター個人に対してではなく、 「○○モデルのユーザーさんへ質問」といった広く問いかける形でお願いします。 主観以外のレポート内容で事実と異なる点があれば、管理人からレポーターの方にお伝えします。 ただ登録時のメールアドレス登録は任意ですので、連絡が取れないこともあります。

デル株式会社
HOME > レポート一覧 > カズハさんのユーザーレビュー