HOME > レポート一覧 > W-seasonさんのユーザーレポート

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

VAIO VPCZ11AFJ  W-season さん

 No. 3203

  • 長所: 液晶
  • 短所: 筐体
  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 6.8 6.8 6.4 6.4 7.9 6.4
CrystalDiskMark 3.0
 ReadWrite
Seq.533.90315.55
512k280.48253.17
4k12.338.132
4k3294.6157.841
型番
FF11v3 高解 7915

◆ 購入のきっかけや価格
VAIO Xを購入してから、まだ、半年程度なのですが、その軽さには非常に満足していたものの、やはり処理速度の遅さが気になる場面は多く、蹴茶さんも書かれていた「小骨感」が徐々に増してきている状態でした。そんな折、不定期にPCをたかりにくる家族が現れまして、これを口実に、VAIO Xを譲る傍ら、次のPCの物色に入りました。
 遅いPCにはやや懲りたので、ある程度の処理能力は欲しいけど、持ち運びも行いたい、と思って探してみると、あるじゃないですか、ぴったりのPCが。と、いうわけで、VAIO Zの購入となりました。
 ソニースタイルより購入し、オーナーメードの中身の決定には、こちらのサイトを大いに参考にさせていただきました。なぜかメモリは4Gよりも8Gにした方が高速の様だったのと、64GBのクアッドSSDという構成が、最も速そうだったので、価格の問題も含め、これらを選択。CPUはCore i7と迷いましたが、いずれもデュアルコアだったので、i5にしておきました。Blu-rayは差額が大きすぎるし、ポータブルBDドライブを持っていたので、内蔵は見送り。正直、DVDを削ったゼロ・スピンドル版があったら、考えたと思います。最終的にはCore i5-540M, Full HD, 8GB, クアッドSSD+DVD, WiMAX, 指紋センサー, MOTION EYEを選択。
 価格は、同時にブルートゥースマウスを購入し、ワイド保障は、スタイルメンバーのクーポンでサービスとなった状態で、\275,280でした。

◆ 体感速度の変化
 比べちゃいけないとは思いますが、VAIO Xと比較したら、全くの別次元です。もたつく場面は非常に少ない。SSD搭載のデスクトップ(Core 2 Quad Q6600)と比べても、全く遜色無いスピードです。外付けBlu-rayの再生も問題なくできるし、非常に満足度が高いです。

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
 Full HD液晶は、確かに高精細で、綺麗です。絵でも見ているようですね。ちょっと文字は小さくなりますが、実用に堪えないということはありません。発色も良く、写りこみも少ないですね。視野角の問題は、私はほとんど気になりませんでした。

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
 VAIO Xと比べ、キーピッチがしっかり確保されているので、うち易いです。たわみはほぼ無いですね。ただ、Thinkpadが好みである私としては、トラックポイントがどうしても欲しくなってしまいます。

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無などh
 音は、小さいですし、軽いですね。ステレオなだけ偉い、って位でしょうか。ヘッドホンでの音声はクリアです。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
 これもVAIO Xの、なんとなくたわむボディと比べると、ずっとしっかりしています。質感もあり、いい感じです。ただ、液晶の天板(ブラック)は、ちょっと青みがかった黒で、色自体は凄く好みなんですが、意外と弱いみたいで、布のバックに入れておいたら、細かい傷がたくさんつきました。これは、見た目も重視したいVAIOとしてはがっかりですね。カーボンだったら大丈夫だったんでしょうか。
 コネクタは、サイズを考えたら、相当がんばって付いてます。USBも右1個、左2個確保されてますので、モバイルとしては十分です。

◆ 排熱:筐体の温度
 排熱はキーボード左後方寄りから排出されます。ここからの空気は暖かくなっていますが、キーボード面で暑さを感じることはないです。

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
 DVDが回ると、それなりに音は出ます。
 ファンはそれなりの頻度で回っています。音も聞こえますが、気に障る音ではありません。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
 ここだけは、VAIO Xの倍くらいになりました。Xが軽すぎます。ただ、車の移動が多い私にとっては、1.3kg台は許容範囲内です。ACアダプタはスペックを考えればまずまずコンパクトです。

◆ その他
 最近、ゲームをする機会は減ってしまっており、する場合も、ほとんどiPhone上でした。今回、評価用のゲームを考えても、新しいゲームの手持ちがなく、仕方なく10年近く前のゲーム Alice in nightmareをインストールしてみました。64bit Win7で動くかな?と思ったのですが、全く問題なく動作し、一安心。ゲームは、意外なほど古さを感じません。丁度、世間でもアリスが盛り上がってますし、このゲームも続編の噂もありますので、これを機に、PCでもまたゲームをしてみようかと思ってます。

◆ 総評
 結果的には、非常に満足感の高い買い物となりました。今時、パソコンに25万オーバーの投資は、決して安くはありませんが、これはそれに見合うだけの内容のあるPCだと思います。今度こそ、長期間使用していけると、今は(笑)思ってます。

光学ドライブのくだりは思わず「ですよねー」と納得してしまいましたが、いまではソフトウェアもダウンロード販売やUSBメモリ販売が増え、OSのクリーンインストールもUSBメモリーで可能になっています。ある程度工夫ができる方であれば光学ドライブ内蔵の有用性が薄らいできています。昔は純正の外付けドライブでないと起動ドライブとして使えなかったりしたものですが。

ソニーやパナソニックは良くも悪くもコスト高となろうとも光学ドライブ内蔵でかつ軽量にこだわった製品を世に送り出していますが、外資系のモバイルノートではキッパリ光学ドライブを諦めていることの方が多いです。日本でも徐々にコスト重視のドライブレスノートに取って代わられていくのかもしれません。

試遊されたゲームが「アリス in ナイトメア」とまた懐かしいタイトルです。性能的に十分なのは間違いないですが、むしろハード的にどうこうより、2001年発売のゲームがWin7という最新OS上にすんなり動いたことの方が驚きかもしれません。それにしてもアリスinナイトメア(ベスト版)はAmazon評価高い(34件で4.5点)ですねー
 → [PC Watch] 独特の世界観が魅力のサイコホラー・アクション「アリス イン ナイトメア」 [2010-5-8]

  •  アリス・イン・ナイトメア (C) 2000 ElectronicArts All Rights Reserved. [公式サイト]

< 免責事項 >
本ページ上の内容はレポーターさんが完全保証をしているものではありません。
本サイトの情報でおこるいかなる損害についてもレポーターさん、またサイト管理人も一切の責任を負い兼ねます。
自己責任のもとに情報を活用してください。

またレポートへの質問はレポーター個人に対してではなく、 「○○モデルのユーザーさんへ質問」といった広く問いかける形でお願いします。 主観以外のレポート内容で事実と異なる点があれば、管理人からレポーターの方にお伝えします。 ただ登録時のメールアドレス登録は任意ですので、連絡が取れないこともあります。

デル株式会社
HOME > レポート一覧 > W-seasonさんのユーザーレビュー