デル Alienware M15x

GPU
GeForce GTX 260M
◆ 購入のきっかけや価格
The Tower of AIONをやり始めたらWXW77ではパワー不足を感じたため。
素直にデスクトップにすればいいのでしょうが、そこはノートでゲームをしたい拘りでAlienware M15xにしました。

◆ 体感速度の変化
VISTAからWindows7になった分は起動とか明らかに早くなってます。
youtubeなどの最高画質の動画もスムーズに再生されます。

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
ドット抜けはなし。解像度1920×1080を選んだこともあり非常に見やすいです。
視野角も申し分ないですが・・光沢が強いので夜間の照明下だと映り込みが激しいですね。

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
キーボードは特にたわみもなく良好です。タッチ感も打ちやすいと思います。
タッチパッドはマウスを認識するとOFFになるのが結構便利。

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
音質はWXWに比べると悪いですが十分良い音を出してると思います。
ヘッドフォンに接続時の無音時に「プツ・プツ」高周波のようなノイズが出るのが難点。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
プラスチック素材で高級感は感じませんが綺麗に纏まってると思います。
パームレスト周辺もつや消し仕上げで指紋汚れが目立たないのも○

◆ 排熱:筐体の温度
危機感を感じるような発熱はありません。

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
FFベンチではファンが回ることなく動きましたが、モンハンベンチではファンが全開でかなり五月蝿い。
高負荷のゲームなどはヘッドフォンしてやった方がいいかと思います。
光学ドライブは初期不良で読み込みも書き出しもできないので検証できてません。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
持ち運べなくはないでしょうけど基本据え置きで使うので問題なし。
アダプタは結構熱くなります。

◆ その他
注文時に日本語キーボードが在庫薄で3週間と言われ、途中で2週間延期されるも結局1ヶ月で到着。
光学ドライブのサポートもM15xは最初チャットサポートしか製品番号を認識されず、チャットで確認作業を聞く→確認→再度チャット接続とやってたんですが繋ぐたびに担当者が代わり顧客情報は共有されてるはずなのに一から説明しなおしとか、分解してドライブのソケット挿し直してくださいとか裏面外せば簡単に出来るような口ぶりで無茶振りするサポートも・・。
製品としては満足度は高いのですがメーカーの在庫管理やサポートには不満だらけですね。

◆ 総評
このコンパクトなボディにこの性能は素晴らしいと思います。
不要なアプリもほどんどなくゲームマシンとしては非常に満足です。
The Tower of AIONに関しては推奨PCにはなってますがヌルヌル動くとまでは・・通常の狩りやPvではストレスなく動きますが要塞戦だと自動フレームにしてると周りのキャラは皆影絵になってしまいます(笑)
それでもWXWだと要塞戦では紙芝居になってたので十分活動できる分高スペックですね。