ドスパラ Galleria MR

GPU
Mobility Radeon HD 4650
◆ 購入のきっかけや価格
サブノートとしてNV5300-41Kを購入し使用していたのですが,SempronM100の限界を感じていました所ドスパラ中古ショップにてCPU,HDD,メモリなしのベアボーン状態で29800円で売られていたのでNV5300を売却し購入しました。
HDDは流用しT9400を5500円メモリを2500円ほどで購入したため大体差額1万5000円ほどで購入できました。

◆ 体感速度の変化
デュアルコアかつ周波数も2.53Ghzと高いためシングルコアのM100とは雲泥の差です。メインのPhenomⅡX4のデスクと比べても体感だと差がほとんどわかりません。Radeon4650もメモリがGDDR3であることもあってかかなりのパフォーマンスがでています。

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
欠点といえば欠点でしょうか。最近の典型的な低価格ノートの液晶です。
視野角が悪いですね。解像度ももうちょっとほしかったかな。

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
配列はとくに変なところもなく、右下の"/"あたりのキーが小さいですがEnterの右にキーもなく素直に打ちやすいと思います。
ただFnキーが一番左したにあるのがFPSで座るキーを割り当てているのでちょっとつらいですね。変更するソフトとかないんでしょうか。

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
普通です。音楽を聴いたりゲームするならヘッドフォンはやはり必須ですね。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
ここまで高級感のあるものだとは思っていませんでした、パームレストがツルツルになっていないのがいいですね、ちゃんとタッチパッドのOn,offもついています。
コネクタ配置がたぶん一番の欠点ですね・・なぜ右手前に3つもUSBが集中しているのか・・少々理解に苦しみます。

◆ 排熱:筐体の温度
T9400,Radeon4650を搭載しているためかやはりベンチ中は熱風がでます。
ただいい具合に廃熱されているのか、パームレストがすこし暖かくなるレベルです。

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
重い処理をしなければCPU,GPUともにクロックダウンされているおかげか非常に静かです。ゲームなどをし始めるとファンは回りますが、ヘッドフォンをしているとまったく気にならないレベルです。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
ACアダプタは大きいですね・・・重さはNV5300より少し重いかな?
モバイル性は普通の15Inchのノートですね。バッテリは大体ゲームしなければ2時間
ぐらいでしょうか。

◆ その他
指紋認証がついていたのは予想外でした、なにこれ楽しい。ログインログオフの繰り返しを思わず3回ぐらいやってしまいました。

◆ 総評
値段が値段なんでなにか落とし穴でもあるのかと思っていたら、コネクタ配置以外今のところ不満はありません!最新のi7搭載のゲームノートには負けると思いますが、ミドルハイぐらいの実力はあるんじゃないでしょうか。大変満足しています。ただベアボーン状態かつ一週間しか保障がないんで壊れたら自分である程度対処できる方向けですね。