ドスパラ Galleria MR

GPU
Mobility Radeon HD 4650
◆ 購入のきっかけや価格
ベアボーン状態が売っていたので面白そうなので購入。
なんだかんだパーツを色々買って合計で5万円ちょっとになりました。
CPUは通常モデルでは採用されていないP8400を購入。HDDは7200rpmの物を購入しました。
本体はCOMPALのOEMみたいです。

◆ 体感速度の変化
なかなかサクサク動いてくれます。
RADEON+XPの組み合わせはもっさりという噂を聞いていましたが、特に遅いようには感じません。
あまり3D性能に期待しないで買ったのですが、3D性能は意外と高いです。
これなら多少重いゲームでも実用になりそうです。

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
視野角は最近の液晶らしくイマイチですが、15.6インチモデルなので大して気にならないと思います。
最近のパネルにしてはギラツキも少なめです。
明るさは十分確保できてると思います。最大にすると眩しいです。
パネルは台湾Chunghwa Picture Tubes製のようです。

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
ENTERキーがしっかりしてなく、ペチペチと耳障りな音が鳴り、PU/PDキー等が独立キーとして存在していないのが難点です。
スペースに余裕があるので、このあたりのキーは独立させてほしかったです。
FnキーはCtrlより左にあるタイプです。
タッチパッドのボタンは浅いストロークで、反応も過敏なのでちょっと触れただけで反応してしまうことも多いです。

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
期待するのが間違いです。
安物のポータブルスピーカーレベルの音質です。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
最近のノートらしくトップカバーは光沢仕様。
傷や汚れが目立つので個人的にあまり好きでは無いですが。
そのほかはつや消しのブラックボディで、ビジネスノートのような無骨さです。
コネクタは全体的に手前側に集中しており、好みが分かれそうです。

◆ 排熱:筐体の温度
パームレストが多少熱を持ちますが、気になるレベルではありません。

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
意外にもそんなにうるさくありません。
負担をかけていると回転数が上がりますが、そんなに気になるレベルではありません。
(ベンチマーク中でもMAX回転数まで上がりませんでした)
ミドルクラスの独立GPU搭載モデルでこのFANの音なら十分でしょう。
ただ、通常はもっと高クロックなCPUが載っているモデルなので、高クロックCPUで使った場合はまた違う感想が出るかもしれません。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
A4ノートなので持ち運びには向きません。
ACコードも太いミッキータイプなのでかさばります。

◆ 総評
特に魅力があるノートではありませんが、大きい欠点のあるノートでも無いです。
値段と性能のバランスを考えて選ぶならありでしょう。
ただ、キーボードはもう少し頑張ってほしかったです。
CPU、メモリ、miniPCI-e、HDD全てが裏蓋からアクセスできるので、自作ユーザーにいいかもしれませんね。