デル Studio 15(1558)

GPU
Mobility Radeon HD 5470
◆ 購入のきっかけや価格
値段ミス?と思われるパケが安く出ていたので購入。
i7への変更や液晶のアップグレード等を付けて10万円ちょっとでした。

◆ 体感速度の変化
今までXPばかり使っていたおかげか、負担をかけていない時のWindowsの動作は速くなったように感じません。
さすがに動画を複数開いたりしているときの速度の落ち込みは明らかに軽減しています。
Studioシリーズの割りに、搭載GPUの性能がとても悪いので、3Dゲーム用には向きません。

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
1920x1080のFHD液晶を選択しました。
綺麗だと思います。
明るさ、発色、視野角共に不満はありません。
15.4WUXGAのパネルを採用してた頃より格段に良い液晶です。
LEDバックライトのおかげかTN液晶でも色ムラが気になりません。
製造元はAUOです。

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
配列は比較的素直ですが、右Shiftキーが小さいのが気になります。
DELLのノートの定番ですが、右Altキーが無いのもマイナスです。
タッチも一昔前のInspironより明らかに悪くなっています。
標準だとマルチメディアキー優先になっており、F1~F12のファンクションキーが単独動作になっていません。
とても不便なので購入後は真っ先にBIOSで設定変更しましょう。

タッチパッドの反応が以前の機種に比べて明らかに悪くて使いにくいです。
キーボード、タッチパッドは以前の機種に比べて明らかに劣化しています。

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
キンキンした音ですが、音質は悪くないです。
低音は相変わらず出ていません。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
特に大きい不満はありませんが、電源スイッチが側面にあるのが個人的に嫌です。
トップカバーとパームレストは光沢加工で、塗装が剥がれにくそうです。

◆ 排熱:筐体の温度
長時間使っていない状態ですが、ベンチマーク中に気になるような温度にあがることはありませんでした。
T2400+X1400のInspiron6400の方が断然発熱がでかいです。

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
光学ドライブはスロットインなせいか意外と静かです。
冷却FANはちょっと負担をかけるとすぐ高回転になり、結構な音が出ます。
爆音とまでは行きませんが、気になるレベルの音です。
アイドル時は低回転の時間が長く、ファンの音は気になりません。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
A4ノートなので重さ的にもバッテリー駆動時間的にもモバイルには向きません。
ACアダプタは随分スマートで軽くなり、発熱も減っていて好感触です。

◆ その他
HDDのアクセスランプが無いのがとても不便です。
デザイン性やコストを重視した結果なのでしょうか。
個人的にHDD搭載モデルには無いとかなり不便ですが、あまり気にしない人が多いのでしょうか?

光学ドライブはブルーレイドライブというものを選択しましたが、これは書き込み対応のBD-REドライブみたいです。
DELLのBDドライブは名称で書き込み対応なのか非対応なのかわかりにくいですね。
なお、ドライブは松下製でしたが、最初10回くらいメディアを受け付けない状態でした(入れても吐き出される)
何度かしつこくやっているとメディアがちゃんと認識されるようになりました。

HDDはSAMSUNG製でした。
SAMSUNGのHDDや松下のドライブは何台も壊れた記憶があり、少し不安です。

◆ 総評
気になる不満が何点かありますが、安く買えたので妥協できます。
ただ、今回は安いパケで買えましたが、普通に買うと15万円くらいなので、その値段で買っていたら後悔していたと思います。
この価格帯でGPU性能が一昔前のミドルレンジクラスなのも残念な感じです。
Core2Duo世代の頃のStudio15(HD4570)に3Dベンチスコアで負けています。
低価格帯のノートでは無いので、せめてもう1ランク上のGPUを選択できるようにしてほしいですね。

ゲームをやらないので3D性能に関しては困ることはありませんが、色々と他に不満があるので、総合点としては70点くらいでしょうか。
今回の購入価格も考慮するともう5点くらい+してもいいかもしれません。