HOME > レポート一覧 > megaさんのユーザーレポート

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Alienware M17xR2  mega さん

>> デル

 No. 3244

  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 7.4 7.5 7.2 7.2 5.9 5.9
3DMark06 19835*

◆ 換装内容
・GPUをHD4870CFXからHD5870CFXに換装しました。
・CPUは以前、920XMから940XMに換装したままです。
・液晶をWLEDに換装しました。

◆ 体感速度の変化
体感としては換装前と換装後で殆ど変化ありません。
3DMark06の場合、HD4870CFXからHD5870CFXへの換装で、+800位のスコアアップです。

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
大勢の方々の評価通り、赤系の発色が強すぎます。蛍光色のような発色で違和感を感じます。CCCでコントラストと明るさを調整する必要があると思います。
他のWLED液晶のPCでは、そんなことは感じないので、M17xで採用されているWLED液晶に限った特徴だと思います。

◆ 排熱:筐体の温度
CoreTempの計測で、60℃弱です。

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
あくまでも感覚ですが、HD5870CFXの方が排気音が、やや小さく感じます。

◆ 総評
換装前の 920XM + HD4870CFX と比較しても大きな差はありません。
最新の構成にこだわらない限り、換装の必要は無さそうです。

現状では最速仕様と思われるMobilityRadeon HD 5870 CrossFireに換装されたmegaさん。3DMark06はあと少しで2万点の大台です。赤色が強く出ることにmegaさんも問題視されています。CCC(Catalyst Control Centerの略)で調節したとのこと。4870と5870では製造プロセスが55nmから40nmへシュリンクされていますが、 Stream Processing Unitsはどちらも800基とシェーダー数は変わりません。そのため、ベンチスコアの変化も小さなものに留まっています。

40nm製造による変化があるとすれば、高クロック化か発熱量の低下ですが、スコアがあまり変わってないので微細化の恩恵は主に発熱の低減に振られているようです。排気音もやや小さく感じるとのこと。 [2010-6-17]

画像を頂いたので追加。2万点越えてますねー [2010-6-19]

< 免責事項 >
本ページ上の内容はレポーターさんが完全保証をしているものではありません。
本サイトの情報でおこるいかなる損害についてもレポーターさん、またサイト管理人も一切の責任を負い兼ねます。
自己責任のもとに情報を活用してください。

またレポートへの質問はレポーター個人に対してではなく、 「○○モデルのユーザーさんへ質問」といった広く問いかける形でお願いします。 主観以外のレポート内容で事実と異なる点があれば、管理人からレポーターの方にお伝えします。 ただ登録時のメールアドレス登録は任意ですので、連絡が取れないこともあります。

デル株式会社
HOME > レポート一覧 > megaさんのユーザーレビュー