ツートップ ViP Note SR2 i7720/285M-Pro

GPU
GeForce GTX 285M
◆ 購入のきっかけや価格&カスタマイズ
4年ほど使用してきたXPS M1710に力不足を感じ始め、Core i7にも興味が沸いてきた為ショップブランド優先で今回のPCを選択。
カスタマイズではCPUを820QM、HDDを250Gにグレードダウンして購入。約22万でした。
XPSでもCPUの換装を行ったので、今回も早速換装しました。
820QMからES版940XEへ、HDDを500Gへ容量アップです。SSDはこれからの課題ですね。

◆ 体感速度の変化
もともとでも十分早いですが、XPS M1710に比べると劇的に早くなったわけでもありません。
ただ、GPUの発展に伴いベンチ系は雲泥の差へ。
CPU換装の恩恵は少ないです。820QMでも十分です。

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
液晶は若干青みが強く感じました(XPSと比べて)
輝度は特に問題なく、視野角においてはXPSの17インチに慣れてしまったにも関わらず、15.6インチでも良好です。
ただ、残念なことに一箇所ドット落ちが・・・
特に支障ないので完全放置にしちゃいました(笑)

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
テンキー付きのノートは初めてですが、特に使いにくい事はありません。
キータッチもXPSに比べればこちらの方が好みですね。

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
音はノートなのでそれなりです。
いざという時はロジクールのZ205の出番です。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
CLEVO製は初めてですが、質感は艶消しの本体なので指紋などの心配が少ないです。
強度はこれから使い込んでヒンジが壊れませんように祈るばかりですw

◆ 排熱:筐体の温度
排熱はあまり良好ではないような・・・
ベンチでCPUが99℃まで達しました(汗;
GPUも80℃・・・
W860CUの筐体では55WのCPUは厳しいかもですね。

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
ファンは高負荷を掛けるとCPU&GPUファンは全開です。
TVを観ながら、もしくはBGMを流すなど工夫次第では気にならないかも・・・

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
モバイルは出来なくはないと思いますが、私的には皆無です。
ACアダプタも容量がXPS M1710と変わらなく大きさもほとんどいっしょで大きいです。
バッテリーはこのような機種は飾りですねw