デル Alienware M15X

GPU
Mobility Radeon HD 5850
◆ 購入のきっかけや価格
 以前からデザインにあこがれていてそろそろ買い時と思い購入しました。
 標準的な構成で178,000でした。

◆ 体感速度の変化
 CORE2 1.8GHz+8600GTなマシンからの変更なので非常に高速で何のストレスも感じません。

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
 写りこみがかなり激しいですが発色や視野角(結構下からでもいける)はいい感じです。

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
 クリック感は結構好きです。打ちやすさとかは特になし。及第点といったところです。

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
 思ったより貧弱な音です。外部スピーカがメインなので気になりませんが。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
 USBが左右に一つずつしかないのは不足すぎます。十分配置できそうな空間やスペースはあるのですが

◆ 排熱:筐体の温度
思ったより暑くなりません。ほんのり温かい程度です。
(ゲルシートを足の下に引いて多少底を浮かしています)

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
スロットインで近辺にイジェクトボタンがなく最初は戸惑いましたがタッチキーになっていることに築いてからは違和感なしです。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
重量級です。もともと持ち運ぶ気はありません。

◆ その他
FF14ベンチは残念ながら動きませんでした。
ドライバー更新待ちですね

◆ 総評
本機が届いたときに740QMCPUが搭載されちょっとショックを受けましたがコストパフォーマンスは非常にいいと思っています。FF14ベンチは現状動きませんが価格も15000円安くなるHD5850を選んでコストパフォーマンスもよく正解だったと思っています。