ドスパラ Galleria MV

GPU
GeForce 9600M GT
◆ 購入のきっかけや価格
ドスパラ通販でベアボーン状態で27800円+1500円で購入。
なお、このノートを買う前に別のノートベアボーンを同サイトで購入しましたが、
そちらは初期不良(これでドスパラ通販での初期不良は3台目です)
CPU、メモリ、HDD、無線LAN等を追加購入し、合計で約55000円程

◆ 体感速度の変化
ほぼ同等性能のGalleria GT2を使っているので、体感速度は同等レベルです。

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
旧世代の15.4 CCFLモデルのWSXGA+液晶ですが、不満はありません。
ショップブランドノートに採用される液晶パネルとしては良い方だと思います。
同じ解像度のGalleria GT2の液晶パネルよりギラツキが少なくて好印象です。
パネルの製造メーカーはCheiMei(CMO)です
なお、Galleria GT2のパネルも同メーカーの型番違いです

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
ドスパラのCOMPAL系ノートでおなじみのタイプのキーボードです。
DELキーが右上から数えて2番目の位置にあり、Fnキーは左下にあります。
Homeキーは独立していますが、Endキーは独立でありません。
写真を見ると使いやすそうに見えるキーボードですが、実は使いにくいです。
Ctrlキーが2つあることは評価できます。
タッチは良好です。

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
ノートパソコンにありがちな普通のスピーカーです。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
質感はショップブランドにしては悪くないです。
コネクタは全体的に手前側に集中しています。

◆ 排熱:筐体の温度
TDP35WのCPUを搭載したせいか、かなり発熱しているようです。
CPUFAN付近は膝の上で使えないくらいに熱を持ちます。
机以外で使ったら熱暴走しそうです。
TDP25WのCPUを使ったほうがいいかもしれません。

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
独立GPUモデルで、CPUも結構発熱が多いので、CPUファンが高回転になりがちです。
動作音は大きめですが、耳につくような音ではないので、個人的には問題ないレベルです。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
A4ファイルサイズなのでモバイルには不向きです。
バッテリーも負担をかけていると1時間持ちません。

◆ その他
BIOSの自由度が少なく、設定変更可能な部分が殆どありません。
AHCI/互換モードの切り替えもできないので、XPで使う人は注意してください。

◆ 総評
発熱など気になりますが、
バランスが良く個人的には気に入っているノートです。
ドスパラ系のノート全般に言えることですが、内部設計はいまいちなので、メインマシンとして数年使おうと思って買うノートでは無いです。
(筐体に使われているパーツが全体的に耐久性が悪いです)
CPU、HDD等にアクセスしやすいノートなので、遊び用には最適かと思います。

1台目のパソコンには絶対オススメできませんが、サブで使うには楽しめるノートかと思います。