ACER Aspire 5810TG-D45

GPU
Mobility Radeon HD 4330
既に絶版機種ですが、投稿がなかったので参考程度で投稿します。

◆ 購入のきっかけや価格
東芝DynaBookF20 GeForce6200Go32MBではゲームでの使用に耐えられず
DualCoreの軽いNotePC購入を計画。AcerTimeLineが8h駆動を売りにしており
価格とのバランスから検討。店頭在庫の最後ということで去年の秋に74,800円で購入。

◆ 体感速度の変化
PentiumM1.6Ghzでは度々ロード時にエラーで止まっていたゲームが正常動作。
3Dは普通のネットゲームぐらいなら、それなりの環境で遊べる。
GPUもIntel内蔵とRADEON HD4330で、ゲームやビデオ再生ではRADEONの恩恵があり。

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
輝度は十分、だが縦の視覚野は厳しい。僅かにでもズレると色が飛ぶので
基本的にデスクトップでホームポジションに着いて使用するものになる。

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
アイソレーションキーボードでも初期のグラグラする使用感の悪いもの。
慣れるまではタイプには使えないレベル。キーのサイズ、配置も微妙で
仕事の作業で使うときには外付けキーボード必須。BlueToothキーボードも
エレコムの小型を買ったが、省電力で扱いやすいキーボードを探して迷走中。

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
F20の様な音割れは無し。SP-DIF共用のコネクターは表示があるが使えない模様。
ゲーム用にはクリエイティブのX-Fi USBを購入。HPAに繋いで使用しています。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
筐体の強度は十分。質感にも不満は無し。
ACアダプター差し込みがDVDドライブに被るのが不満。
拡張性はUSBx3のみなのはCULVノートでは仕方ないところか。

◆ 排熱:筐体の温度
加熱はテーブル上では気にならないレベル。
左上排気口を塞がなければ全く問題にならず、HDD加熱もない。

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
基本的に気にならないレベル。無音環境でなら排気音が気になるが
DVD、音楽鑑賞中には全く問題にならない。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
F20の半分ぐらいの軽さですかね。手提げバッグに片手で出し入れして
手軽に持ち歩けるレベル(笑)なのは素晴らしいです。

◆ その他
時々、キーボードの反応なし。光学ドライブの取り出しボタンを押すと
光学ドライブが消えて使用不能に~再起動へ。
ランチマネージャー、光学ドライブPMを削除して一時改善。
キーボードのトラブルは再発するときがありUSBキーボード必須。
biosの更新は4月で終了。VGAドライバの更新も去年の10月以来無し。

◆ 総評
売りの駆動時間はスイッチブルVGAで内蔵切り替え。無線スポット利用で7.5時間。
RADEON HD4330固定で5.5時間弱と優秀。
現在は描画不良解消のためbiosで外部VGA固定、Ctaryst10.8適用にて使用中。
ちょっと前のゲームを適当に遊ぶには、良いCULVノートですね。
Acerは寿命に期待せず使い捨て感覚で買ってますが、それなりに良い製品です。
AspireOne751もGMA500ということでVRファンの保存用として29,800円で去年購入。
来月の帰国時にはMSI GX660RかFX900に突撃してSeagateMomentusXTに換装して
遊ぶ予定です。

その他ベンチマーク
LostPlanet2 BenchA DX9 7.1 7.3 7.5
MHF絆  1092