ヒューレットパッカード HP Pavilion dm1z

GPU
Radeon HD 4225
GPUに選択項目がなかったのですが
CPU:Turion Ⅱ Neo K625
GPU:Mobility Radeon HD 4225
となります。

◆ 購入のきっかけや価格
EeePC901を所有していたが、まともに動画が見れないスペックの低さに嫌気がさして別のマシンを物色中、HPよりdm1aが販売されました。
ただ、日本HPのdm1aは、K125のシングルコアのみなので、米国HPから個人輸入にて、Turion Ⅱ Neo K625を積んだdm1zを購入しました。
あとHDDは320G、メモリは5G、+BLUETOOTHという仕様です。
円高のためか、輸入手数料、関税込みで \70,000でした。

◆ 体感速度の変化
初のWindows7なので、比較が出来ませんが、電源ONからインターネット接続まで、1分チョットって所なので、特にストレスを感じません。
HD4225のおかげで動画再生は非常に快適になりました、ただ、一部のフルハイビジョン動画が少しカクつく時がありました。

Crystalmark2004R3のスコアは以下の通りです。
[Mark] 60644
[ALU] 12100
[FPU] 11093
[MEM] 10954
[HDD] 10792
[GDI] 5937
[D2D] 2255
[OGL] 7513

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
視野角が狭いため、視点がズレると、やたらと見えにくくなります。

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
大きくなった分、EeePCに比べると、格段に打ちやすくなっています。
当然、英語キーボードなので、文字配列がやや異なり、戸惑うことがありますが、特に支障はありません。

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
自分はサウンドには興味がないのでよく判りませんが、友人の評価ではスピーカーの性能は良いみたいです。

◆ 排熱:筐体の温度
AMDなので熱を気にしていましたが、思ったよりも熱くなりません。
ただ、太ももに置いて長時間の作業は無理でしょう。

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
冷却のファンはよく回るので、気にされる人は、うるさく感じると思います。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
EeePCに比べると重いですが、そんなに重さを感じません。
ただ8.9インチ→11.6インチの大きさの変化は、思った以上に大きかったです。
大きさは、ちょうどA用紙くらいの大きさです。
あと、ACアダプタのケーブルがやたらと太く感じます。

◆ 総評
重いゲーム等には向いて無いと思いますが、そこそこの作業は苦になりません。
動画鑑賞が第一の目的だったので、一部のフルハイビジョン動画が少しカクついたのは、残念でした。
全体には、良いバランスのマシンだと思います。