HOME > レポート一覧 > あいづばんだいさんのユーザーレポート

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

MacBook Air MC506J/A  あいづばんだい さん

 No. 3389

  • 長所: 騒音
  • 短所: 筐体
FF14 低解 745
FF11v3 高解 4236

◆ 購入のきっかけや価格
軽量(1.0kg前後)でそこそこ早いものを(本当5万円程度で)探していました。
かなり長く探していてなかなか見つからなかったのですが、ほぼ要件を満たしていたのでAppleの発表と同時にAppleStoreで注文が完了していました。
予算は軽くオーバーしましたが。

◆ 体感速度の変化
Windows 7 Ultimate を導入しましたが、SSDの効果もあると思いますが、起動やその後の動作についてCore i7のデスクトップと比較しても不満はありません。
(低電力型CPU特有のアイドルになるとクロック低減したため?による)
もっさり感もまったく感じません。
無線でNAS上にある動画再生(720p程度、それ以上の動画ファイルはなかったので)では不満がないほどよく動きます。
やはり腐っても?Core2Duoでしょう。

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
液晶・輝度・視野角については、自分専用のモバイル用途なので十分と思います。
明るさムラも感じません。色再現力?がどの程度かは分かりませんが、原色と違う!と感じるような違和感はないです。(このあたりにはこだわらないので。)
システム導入時など明るさ調整ができないとき明るすぎるのが、、、。

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
キータッチはこれまでのMacBook Proと同等と思います。
アイソレーション方式はあまりすきではありませんが、
その中でも硬すぎず柔らかすぎずで丁度いいと感じです。

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
普通にiTuneのソフトを聞く範囲で音割れも感じませんし、音量も十分なほど出ます。iTuneやiMovieなどのソフトが売りなだけあって、必要最低限のサウンド機能は押さえている感じです。
ただ所詮はモバイルノートなので、過度の期待はしないでください。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
筐体の質感は、Appleのノートでこれ以外は期待していないというほど良いです。
モバイル用途が多くぶつけることもあるので、強度については今後の持ち運びで真価が問われると思います。
(最近はiPhone4でガラス部品が割れやすいとのうわさも聞きますし。)
コネクタ類は多種多様なものがさせるほうがいいのですが、USBが左右に1個ずつというのはさびしい気もします。この大きさでは限界でしょうか。

ちょっと不満に感じるのは、ディスプレイを固定するヒンジ?の強度が弱いです。
持ち運んでいるときに、ディスプレイが簡単に動いてしまいます。
(持ち運び時に急にPCごと移動しようとすると、ディスプレイがそのままの位置にとどまろうとして開くもしくは閉じるということです。)
もうひとつは、ディスプレイが180度開かないことでしょうか。
(こちらはよく調べてから買え!といわれそうですが。)
主に痛いのは最初のほうですが。

◆ 排熱:筐体の温度
ゲームのベンチマークをしているときは、本体の背面後部(CPUがあるあたり)が結構熱くなります。すぐに火傷をするほど熱いということはないですが、低音火傷はするかも知れません。
そこ以外はほとんど高温になることはないようです。

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
ファンレスかと思いきや、小さいファンを内蔵していました。
FF11,14ベンチ実行中など、ファンが回転するとすぐに気づくと思います。
高周波のようなきつい音ではないですが、無音を期待したのならば、十分な騒音といえます。それでもMacBook Proの高負荷時のファン音よりは小さいです。
まだ本格的に使用していませんが、これまででファンが回転したと気づいたのは、
ベンチマークのときぐらいで、普段はほとんど動いていないと思います。
ブラウザで軽度の動画を見る程度ではファンは回りませんでした。
ほぼ完全無音を維持できるという意味ではうれしいかぎりです。
ビジネスアプリはまだあまりいれていないのでそちらはわかりません。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
1kgです。軽いのですが、アルミの質感(精神的?)からくる重さがあります。
ACも小さくて良いです。ほかのメーカーでも常にACにまで気を配ってほしいです。
アルミ&ガラスの多用は、モバイル(手荒)な利用は多少怖いところがあります。
バッテリーも、無線ネットワークで動画再生などを行っても3時間は動作しましたのでぜんぜん問題はないです。(バッテリ交換できないのはあきらめています。)

◆ その他
内蔵のオプション機器は、基盤直結と思われたので全てフルでCTOしました。
HDMIディスプレイとBluetoothのキーボードやマウスなどを接続して利用すれば十分メインマシンとして利用できます。

◆ 総評
よくも悪くもAppleの製品です。いまさらCore2Duoとか、USB3.0対応してないとか、インターフェースが少ないとか批評は分かれると思いますが、バランス感覚は良い製品と思います。
敢えて新しい技術はつまず、すべてが枯れ尽くしたと思われるものを最大の能力を
発揮できるように組み合わせて作られていると思います。
この重量、このCPU、この画面サイズ、このグラボ、この容量のSSDを積んで、
この価格の製品は他に無かったです。(あったらすでに机の上にあるはずです!)

新AirにBootCampでWin7 Ultimateを導入されたあいづばんだいさんからのレポートです。Win7メインのMacBookレポートになっています。商業誌のレビューでもBootCampに少し触れているものはありますが、実際の使用感にまで踏み込んだレビューが意外と無いので、これから購入検討という方にとっては参考になるレポートではないでしょうか。

不安視されていたCPUパワーはWin7ではほぼ無問題とのこと。SSDから来るストレージの容量不足も特には言及されていません。季節的な要因もあるかもしれませんが、ブラウジング程度ではファンが回らないのは嬉しいですね。欠点としてはヒンジが柔らかくちょっとしたはずみで動いてしまう点、開閉度がやや十分でない点に言及されています。

通常、このサイズのノートだとスピーカーはまるで頼りにならないものですが、あいづばんだいさんのスピーカー評は上々。このスピーカーはアップルも強くプッシュしています。

ステレオスピーカー。 聞こえる。でも、見えない。 MacBook Airなら、そのコンパクトなサイズからは想像できないようなフルステレオサウンドを楽しめます。内部構造の空間を計算し尽くして、左右のスピーカーをボディの内側に配置。音はキーボードの裏側から出てきます。オンラインでおしゃべりする時も、ビデオを見る時も、音楽やゲームを楽しむ時も。いつでも豊かなサウンドを体験できます。
 → アップル - MacBook Air - フルサイズのMacのような性能とスピード。

ステレオにするとモノラルより消費電力も増えるはずで、デメリットも大きいのですが、それでもステレオにしてきたところがアップルらしいですね。 [2010-10-30]

< 免責事項 >
本ページ上の内容はレポーターさんが完全保証をしているものではありません。
本サイトの情報でおこるいかなる損害についてもレポーターさん、またサイト管理人も一切の責任を負い兼ねます。
自己責任のもとに情報を活用してください。

またレポートへの質問はレポーター個人に対してではなく、 「○○モデルのユーザーさんへ質問」といった広く問いかける形でお願いします。 主観以外のレポート内容で事実と異なる点があれば、管理人からレポーターの方にお伝えします。 ただ登録時のメールアドレス登録は任意ですので、連絡が取れないこともあります。

デル株式会社
HOME > レポート一覧 > あいづばんだいさんのユーザーレビュー