エプソンダイレクト Endeavor NT9000Pro

GPU
GeForce Go 6600
LaVieM (PC-LM5005D)からです。ほとんどまだ何もしていませんが騒音半減、液晶1割増しでしょうか。
最近の鮮やか液晶とは比較できないとは思いますが^^;あとはやっぱり文字が小さいですね。SXGA+なのですが・・・

◆ 購入のきっかけと価格
ゲームが出来るノートとして買ったNECのLaVieMでしたが、現在では力不足と思い、昨秋から購入を検討していました。いろいろ迷っているうちに新チップ製品が出始め、デルでは少しサイズが大きそうでしたのでエプソンに決めました。

価格は280,825円でした。LaVieが9万近くで売れましたので少し助かりました^^;

◆ 実際の体感速度
自作のデスクトップ(アスロン64:3200+、メモリー1024MB、ラデオンX800PRO)とほとんど変わりません^^;
現状ではほぼゲーム専用となっていますのでそのあたりの感想なのですが・・・

◆ 液晶の質
おそらくLaVieRXあたりの液晶と同じように思えるのですが、少し暗いかなとも思いますが、目の疲れは最近の光沢液晶よりは出にくいのではないでしょうか?LavieMの液晶より少しいいぐらいだと思います。
私の使い方では、液晶がSXGAで非光沢で視野角がもう少しあるものがあればよかったかと思います。

◆ キーボード
標準的ではないでしょうか。

◆ サウンド
こちらも一般的なノートの音に思えます。

◆ 筐体:強度と質感
しっかりしていると思います。見た目も安物には見えないかと思います。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
USBが左側に1つ、背面に4つです。右側にマウス用が1つあればよかったと思います。

◆ 筐体:発熱と冷却ファン音
キーボードが少しほんのりと暖かくなります。パームレスト部分は温度変化はありません。
ゲーム中はファンは回りっ放しにはなりますが、これもグラフィックチップつきのノートPCでは普通の音に思えるのですが・・・

◆ ACアダプタ:大きさや発熱
本体の割りに小さいです。LaVieMとほぼ同じサイズです。発熱も持てないぐらい熱くはなりません。

◆ モバイル性
あまり考えない方がいいかもしれません^^;

◆ その他
ハードウエアのボリュームスイッチがあればよかったと思います。
しかし、FFやリネIIで音量調整しても落ちることは今のところありません。

◆ 総評
まだほんの数日での感想になりますが、これから長く付き合えるといいなと思います。