ACER Aspire 3820TZG

GPU
Mobility Radeon HD 5650
◆ 購入のきっかけや価格
5万円台でM Radeon5650を積んでる唯一のノートだったので、
CPUも名前はペンティアムDCですがコアは新型の物です

◆ 体感速度の変化
以前はThinkPadX60を使っていましたがネット等での体感速度は特に変わらず
引っかかるようなこともありません。

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
液晶は安物ノートらしくギラギラ&糞発色&狭視覚野のTN液晶です。
まあこの値段ですからこんなモノでしょう。
でもどうしようもなく糞です

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
このモデルは日本で販売していないのでキーボードはUS配置オンリーです。
フラットキーボードというものに初めて触れましたが特に違和感もなく、
カッコイイのでこれはこれでアリかと。
キータッチは少し固め

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
内蔵のスピーカーは予想以上に高音質でした。
ドルビーホームシアターというものを搭載しているらしく、
正面に居れば独特の立体感が感じられます。
音量も大きく割れません。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
オモテ面は金属を使った高級感あるデザインですが、裏面はプラスチック感
マックスの安っぽい感じです。
まあ裏面なんて普段見ませんからどうでもいいでしょう。

◆ 排熱:筐体の温度
13インチのくせにCPUとGPUに独立したファンを持っているらしく、排熱性能は高いようです。
キートップやパームレストも熱くなりません。

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
冷却ファンの音は普段使ってる限りは全く聞こえません。
高負荷のかかるゲームをやってやっと回ってるな?という程度

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
本体は非常に薄くフラットなデザインですが9セルバッテリーなので後ろがすごく出っ張ります。
それに重いです。バッテリーとるとすごく軽くなりますが本末転倒でしょう。
その代わりグラフィクスを内蔵のインテルのものに切り替えれば7~8時間持ちます

◆ その他
OSがホームベーシックでメモリーが2Gなのが残念です
まあこの値段だからしょうがないか

◆ 総評
液晶がこの上なく糞なので3点にしようと思いましたが、
それ目立つ欠点もなく、おそらく今現在コストパフォーマンスで勝る機種も無いと思い4点としました。
安くて重いゲームも出来てバッテリー持ちがいい13インチノートという矛盾しまくりな感じがするモノが欲しい場合、この機種に敵うものはないでしょう。
液晶糞ですが