MSI MSI CR500

GPU
GeForce 8200M G
◆ 購入のきっかけや価格

アマゾンで安くなっていたので…ネットを見ると改造記事とかもたくさんあってちょっと萌えました

◆ 体感速度の変化

7812jFXに比べるとやっぱりもたつきがありましたがCPUをT3300→T9550、メモリー4GBに変えるとそこそこ動くようになりました
AfterBurnerでGF8200MGのコアクロックやシェーダークロックをOCできるようですが上げてもあまりグラフィック性能は伸びません
NVIDIAの最新ドライバーをインストールしてからOCの伸び代が低くなったような気がします

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など

液晶はLGの1920×1080のものに変えました
最初はAUOの液晶を注文していたのですが在庫がないということでLGの同等品が送られてきました
視野角は左右はかなり有りますが上下は狭いです
最近のLEDパネルはどれも上下視野角が狭いですね
グレア液晶が好きなのでグレアを注文しましたが、ノングレアの液晶も注文できます
注文した店はE-HANDSという店で品揃えもまずまず、納期も3日くらいで届きました

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド

キーボードはお世辞にも良くないです
裏板に両面テープで貼りつけてあったのですが一部凹んでいたのでキーボードを外して整形しなおして戻しました
そうすると今度は少し浮き上がってしまいキーを打つと少したわみます
             
◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など

スピーカーは一応ステレオです
音はまぁノートですね
音量をあげるとホワイトノイズが乗ります
Realtek HD オーディオマネージャーで音場をいじると少しは聞ける音になります

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置

筐体の質感は安物そのままです
強度は度は十分ありますがベアボーンのようにいろいろいじれるので開けたり占めたりしているとやっぱり筐体が歪んできます
左側面にはカードリーダー、ExpressCard/34スロット、マイク端子、ヘッドホン端子があります
右側面には一番手前、腕の当たりそうなところにUSB×1、DVDドライブがあります
背面にはUSB×2、HDMI出力、D-Sub15出力、電源コネクタがあります

◆ 排熱:筐体の温度

Cel T3300→C2D T9550に変えて少しTDPが上がってるとは思いますが標準のCPUファン(チップセットとCPUがヒートパイプでつながっていて、そのヒートパイプが放熱フィンにつながっています。それを冷却ファンで排熱しています)だけで十分排熱出来ています
左側面から温かい風が出ますが、ファンの音質としてはうるさくないです
パームレストやキーボードにも嫌な熱は伝わってきません
BIOSでIntel Speedstepを有効にすることでT9550のクロックが1.5~2.7GHzまで可変しますのであまり熱くならないのかもしれませんね(標準のCerelonではspeedstepが効きません)
ハードウェアモニターで見るとCPUは38℃、GF8200MGは40℃、チップセットが48℃くらいです

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ

上にも書きましたがspeedstepのおかげで高負荷状態にならないとファンは最大で回りません
普通の状態では静かに回ってるって感じです
光学ドライブもそんなにうるさくはないです
DVDはLG電子のGT32Nという型番です
HDDはWesternDigitalのWD3200という320GB,5400RPM,キャッシュ8MBのものが積んでありました
これも余りうるさくはないです

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど

モバイル性は有りません
ACアダプターは65Wの普通のものです
バッテリーは6セルのものです
何時間持つのかはわかりません

◆ その他

いろいろ手を入れることのできるベアボーンみたいなノートPCです
その分お金がかかりますが…
本体が39800、メモリー3000、液晶20000、CPU10000くらい・・・
最新型のノートPCを買うほうがC/Pは優れてるんでしょうね
15インチで1920×1080の液晶のPCをもっと出してくれるといいんですけど

◆ 総評

いろいろ楽しめました
電子工作というほど難しいこともなく、先達の情報がいっぱいあるのでほとんど困ることなく換装できました
もうこんなPCが出ることはないと思いますので記念です
あとはBT内蔵するか、BDドライブに換装するか、ですね^^