ツートップ VIP Note G550D/GTX460

GPU
GeForce GTX 460M
◆ 購入のきっかけや価格
今まで使っていたAcer Aspire 5520Gがご臨終したので約125000円で購入。
今まで5520GではDirect10世代のゲームは低解像度、エフェクト最低にして
もまともなフレームレートではうごかなかった上に、PowerDIrector7や8
でのHDDビデオ編集がまともに行えなかった為、今回はグラフィックカード
CPUにこだわりつつお金は無いので130000円以下で考えられるハイスペック
構成を選びました。

◆ 体感速度の変化
今までこのあたりのスペックを使ったことが無いので他の同スペックと
比べてどうかは不明ですがAspire5520Gとの比較では天と地ほどのスピードアップ
が得られました。

特にゲームおよびビデオ編集ではストレスがありません。
もっとお金をかけてHDDをSSDへ変えればもっと快適になると思います。

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など

個人的には気になりませんが、光沢があるので
映り込みは結構ありますので、場環境よっては見づらいかもしれません。

発色などは普通です。光沢が苦手な人は保護シートなどで光沢を
抑えると違うかと。悪くはありません。

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
好みの問題なのですが、キーボード自体は打ちやすいです。
ただしテンキー部やDELキーの配列が微妙なのでやや減点です。
どちらかというとタッチパネルがダメダメでタイプ時にはよく触って
カーソルが飛びます。またボタンが左右一体型で特に左クリックの
反応があまりよくありません。

私はマウス派なのでマウスを使ってタッチパッドは無効化しています。

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
まぁ、ノートですので期待してはいけません。
AspireG5520Gよりは良く鳴っています。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
とにかくでかいです。厚みが。重いですし。
スペック重視で持ち運びは完全に無視です。
強度はたぶん大して無いと思いますので、がんばって
持ち歩いて使うような使い方はNGだと思います。
屋内で移動するだけなどでは問題ありません。

USBは左右一つずつ、背面2個あるので結構便利です。
DVDドライブが左側にあるのは個人的には気持ち悪いです。

◆ 排熱:筐体の温度
この手のPCにしてはぜんぜん熱くなりません。
HD編集やゲームを続けているとほんのりキーボードが暖かく
なりますが、不快になるほどまで熱くなりませんでした。
Aspire5520G は熱がひどかったので非常に印象が良く感じます。

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
さすがに放熱性との兼ね合いなのでファンはうるさいとは
思いますが、甲高い音ではないので私は気になりません。
いままでがひどかったので。
静穏性重視の人や静かな部屋だと気になると思います。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
とにかくでかい、ACアダプタのサイズは過去最大です。
もばいる性は皆無です。

◆ その他
特になし

◆ 総評
コストパフォーマンスは抜群で性能も申し分ありません。
性能は欲しいでもお金は10万前半までしかかけられずノートじゃなきゃ
だめ、という人にはお勧めです。