HOME > レポート一覧 > であさんのユーザーレポート

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

Gateway EC19C-A52C/S  であ さん

>> Gateway [販売店] ケーズデンキ / Joshin

  No. 3467

  • 長所: 筐体
  • 短所: 液晶
  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 5.4 5.4 3.2 4.6 7.5 3.2
CrystalDiskMark 3.0
 ReadWrite
Seq.196.95131.90
512k180.10127.88
4k11.5320.636
4k32109.69125.994
型番OCZSSD2-2VTX100G
 

◆ 購入のきっかけや価格

HDDではなんとなく引っ掛かりがあるような感じでしたので安くなったSSDに取り換えてみるかなぁ、と単純な理由です。
載せ替えたSSDはOCZSSD2-2VTX100Gです。
Win7 Home Premium(32bit)とのバンドルで23000円くらいでした。
もとのHDDの内容をAchronis True Imageで移しました。

◆ 体感速度の変化

載せ換えてみて あれ? こんなものかな?って感じでした。
実際CristalDiskMarkをとっても公称値には程遠い値でした。
ネットで調べてみるとコントローラーSF-1500がCristalDiskMarkと相性が悪いとのこと。ATTO Disk Benchmarkで計測するとWrite220〜240MB/sec、Read230〜250MB/secと公称値に近い値が出てました。
IEの立ち上げも速くなっている感じがします(IEは使わないですけど)
Chromeは一瞬で立ち上がります。

◆ 総評

Win7とバンドルして23000円というのは割と安かったのでは、と思います。
全体としては満足の良く結果でしたが容量100GBというのはちょっと手狭ですね。
SSDに変えて発熱は若干高くなったのか、左パームレストが少し暖かい感じです。

SSDコントローラーとSF-1500の相性が悪いとのこと。これはCrystalDiskMarkが悪いというわけではなく、CrystalDiskMarkの書き込むデータがランダムであることが影響しているようです。SF-1500の高速性はデータ圧縮によるブースト効果が織り込まれているので、圧縮しにくいデータでは結果が悪くなってしまいます。

SandForce製のコントローラは内部でデータを圧縮して高速化を実現しているため、テストデータのパターンによって速度が変わってくる。CrystalDiskMark 3.0ではテストデータのパターンを、ランダムデータで圧縮効率の悪い「ランダム」、0x00で統一されデータ圧縮効率の高い「All 0x00(0Fill)」、0xFFで統一され同じくデータ圧縮効率が高い「All 0xFF(1Fill)」の3種類から選択できるようになっている。この結果により、SSDに使用されているコントローラがどのようなデータに強いのか確認することが出来る。
 → ASCII.jp:メモリ界の大御所CORSAIRが作るSSDはやっぱり凄かった|最新パーツ性能チェック

 → こだわりのMONO: Crucial RealSSD C300 256GBのベンチマーク
 → SandForceは本当に最強なのか?  似非OCerによる PC生活向上計画

おそらく既に圧縮されているZIPファイルや大量のJPEGファイルを書き込むのを、比較的苦手としているのではないでしょうか。 [2011-1-26]

< 免責事項 >
本ページ上の内容はレポーターさんが完全保証をしているものではありません。
本サイトの情報でおこるいかなる損害についてもレポーターさん、またサイト管理人も一切の責任を負い兼ねます。
自己責任のもとに情報を活用してください。

またレポートへの質問はレポーター個人に対してではなく、 「○○モデルのユーザーさんへ質問」といった広く問いかける形でお願いします。 主観以外のレポート内容で事実と異なる点があれば、管理人からレポーターの方にお伝えします。 ただ登録時のメールアドレス登録は任意ですので、連絡が取れないこともあります。

デル株式会社
HOME > レポート一覧 > であさんのユーザーレビュー