MSI MSI FX620DX

GPU
GeForce GT 540M
◆ 購入のきっかけや価格
ゲームも十分に遊べるサブマシンがもう1台欲しいと思い、探していたところを衝動買い。
値段は84800円でした。

◆ 体感速度の変化
久しぶりのゲーム向けノートPCでしたので、何とも言えませんが、普通に運用するには十分な速度かと思います。

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
液晶の表示は特に問題ない感じでした。少し離れた位置から見ても大丈夫なようです。

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
テンキーも含めて詰め込んでいるせいか、カーソルキーなどの一部のキーは慣れるまで押しにくいかもしれません。
ただ、通常の文字入力はほぼ問題ない感じに配置されてるようです。


◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
音に関しては問題なくきれいに出てました。音割れのようなものは今のところ感じません。


◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
特に問題なさそうでした。
ただ、DVDドライブの取り出しはボタンがキーボードの上にあるので、気付くまで戸惑いました。

◆ 排熱:筐体の温度
普段使う分には大丈夫そうですが、FF14などの重いゲームをやっているような状態では、かなり排熱の風が熱く感じました。
長時間負荷をかけるような場合は少し気をつけた方がいいかもしれません。

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
それほど大きな音は感じませんでした。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
ゲーム用にも使える目的で買ったものの割には、意外に軽くて薄い感じでした。
ACアダプターはやはりそれなりの大きさですので、常時持ち歩くのはきつそうですが、
旅行などの際に持ち運ぶのは問題なさそうです。

◆ その他
ゲームの動作確認のため、FF14、GNO3、Divinaをインストールして一通り試してみたところ、FF14が設定を落としても、たまに動きが重くなる以外はメインPCとほぼ変わらない動作でした。
GNO3に至っては、VMWareを使用して2垢で同時に動かしても問題なく動きました。

◆ 総評
買ったばかりなので、もう少し使い込んでみないと何とも言えないところもありますが、値段の割には十分な機能があるようです。
メインマシンとして使うには、長時間使用や重いゲームの動作でやや不安はあるものの、サブマシンとして使うには問題ないかと思います。