HOME > レポート一覧 > WINさんのユーザーレポート

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

HP Pavilion dm1-3000  WIN さん

 No. 3526

  • 長所: 筐体
  • 短所: 騒音
  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 3.8 5.7 4.2 5.7 5.9 3.8
CrystalDiskMark 3.0
 ReadWrite
Seq.98.4596.88
512k28.2142.03
4k0.310.780
4k320.830.764
型番
3DMark11 275
3DMark06 2213
FF14 低解 406

◆ 購入のきっかけや価格
常用はMacなのですが、BootCampや仮想環境ではなく、補助的に気軽に使える最新のWindows環境が欲しかったので、単純に興味があったFusionプラットフォームを選択してみました。
購入したのは、メモリ4GB、HDD500GBの店頭モデルです。

◆ 体感速度の変化
使用しているMacは既に旧世代とは言えCore2Duoなので、それに比べると遅いです。
OSが異なるので不快には感じませんが。

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
光沢液晶で、明るさと鮮やかさは充分。
視野角は普段は気になってませんが、敢えて試してみると、上下が少し狭いです。
また、液晶部が180度まで開くのは何気に安心出来ます。

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
キーボードは、キーピッチも充分で打ち易いです。
小さいキーはありますが、無理に変形させたようなキーは無く、見た目も整然としています。
アイソレーションタイプなので、Macに慣れた人でも違和感は少ないと思います。
ただし、ファンクションキーのデフォルト設定が、音量等の機能キーになっているのが不便だと思う人はいるかも知れません。

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
この大きさの筐体の割には良い音がします。
音量もありますし、さすがに低音は弱いですが、RadikoやちょっとしたBGM、動画鑑賞用途には充分だと思います。
正面で使っていると、ステレオ感も充分感じられます。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
質感は良いです。
Macの影響もあるのか、裏面も綺麗に仕上がっています。
コネクタに関しては、出来ればD-Subを廃止してでもHDMIは奥に配置して欲しかったです。
種類としては、USB3.0が載ってないのがちょっと勿体無い気がするくらいです。

◆ 排熱:筐体の温度
今のところ、特に熱さは感じていません。

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
少し負荷を掛けると冷却ファンの音は聞こえてきます。特にベンチマーク時は気になりました。
普段は静かですが、無音で動作する状況が殆どのMacBook Airに比べれば音がします。
HDDモデルなので、その分の発熱もあるのでしょうか。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
1.5kgあるので、最近のモバイル機の中では軽くはないです。
ただ、持ち易い大きさと筐体の仕上げの良さ、バッテリ寿命も相まって、モバイルには向いていると思います。
ACアダプタの大きさも問題ありません。

◆ その他
通常使用(ネットやRadiko)では20W以下、アイドル時では画面が明るくても11Wくらいで動いているので、Fusionが省電力なのは間違いなさそうです。
有線LANがギガビット対応なのも個人的には嬉しいポイントです。

◆ 総評
ネット上の動画や音声サービスでは未だにWindowsの方が互換性が高い場面が見受けられるので、気軽に使えるWindows機があると便利です。
その点では、省電力かつGPUが比較的強力なFusionは良いバランスだと思います。
そして、このマシンは割とまともな音が鳴ってくれるので、そういった補助的な役割にも充分応えられそうです。
GPUがDX11に対応しているので、ATI StreamだけではなくDirect ComputeでGPGPU的な処理をするソフトが増えて、CPUの弱さがある程度カバーされる可能性にも期待しています。

GPUとCPUが一体化したFucion APUを搭載するPavilion機レポをいただきました。ヒンジの動作角度は180度未満のものがほとんどで、液晶が180度オープンできるのは結構珍しい。普通に机に座って操作するだけならどうでもいい特徴ですが、寝転がったり、スタンドに立てかけたりする際には役立つ特徴です。

GPUも完全統合されたプロセッサということで消費電力が気になるところですが、輝度を下げない状態でのアイドル時で約11W。ノートの中でもかなり低消費電力のモデルになります。ThinkPad Edge11のように、32nmプロセスの低電圧版Core i搭載機にはアイドル時 10Wを切るモデルもありますが、グラフィックス、価格面でのアドバンテージがAPUには期待できます。 [2011-4-10]

< 免責事項 >
本ページ上の内容はレポーターさんが完全保証をしているものではありません。
本サイトの情報でおこるいかなる損害についてもレポーターさん、またサイト管理人も一切の責任を負い兼ねます。
自己責任のもとに情報を活用してください。

またレポートへの質問はレポーター個人に対してではなく、 「○○モデルのユーザーさんへ質問」といった広く問いかける形でお願いします。 主観以外のレポート内容で事実と異なる点があれば、管理人からレポーターの方にお伝えします。 ただ登録時のメールアドレス登録は任意ですので、連絡が取れないこともあります。

デル株式会社
HOME > レポート一覧 > WINさんのユーザーレビュー