HOME > レポート一覧 > Miyakiさんのユーザーレポート

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

MSI GX660R  Miyaki さん

>> MSI

 No. 3529

  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 7.1 7.3 7.2 7.2 5.9 5.9
CrystalDiskMark 3.0.1
 ReadWrite
Seq.79.7978.76
512k37.1229.61
4k0.510.534
4k320.560.522
型番Seagate ST95005620AS (SATA)
3DMark11 2137
3DMarkV 8470
3DMark06 12792
FF14 高解 2065
FF14 低解 3535
モンハン絆 9135

◆ 購入のきっかけや価格
MSI後継機の遅れとハイエンドの17インチ化により660後継機無しと判断
15インチFHDノート確保のために購入 Amazon139,800円
メモリは翌日に12GBへ増設、標準はCFD Elixer2GBx2 から 同CFD Elixer4GBx3
3枚目はキーボード真ん中下、左のビニールの下にスロット有
分解手順は裏側、キーボード固定ねじx2外した後、IDカードでノッチを外しながら
ラミネカードなどで押し上げてキーボードパネルを取り外す。
RADEON5870Mドライバーは、動作確認後、即座に10.3へ置き換え済み。
出張用途のため、HDDはストライプからクローンして遅くて五月蝿いWD黒は撤去。
Seagateのハイブリッドと、新しく出た7200rpm 750GBへ置き換え。
システムドライブには悩んだが、あえて遅いハイブリッドをシステムに使用。

◆ 体感速度の変化
基本的には2Ghz以上のi5シリーズと変わらず

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
廉価モデルとは違う国産の旧高級機並み 縦置き時にネガ反転するのは仕方ないか
輝度は高く、普及価格デスクよりも良い 視覚野は標準的 発色は濃すぎず薄すぎず
変色も少なく良い印象

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
右SHIFT、ENTERが小さくて扱いに難い 10KEY 0がシフトしているので押し間違えやすい。
タッチパッドは、他のゲーミングデザイン同様、枠が邪魔でスライド操作がし難い。
強めに押さないとパッドが反応しない、本来のタッチパッド枠が見えないなどの難点有り。

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
Audio級 バスも効いているし、出力も普及ノートとは全く比較にならない
添付MSI Demoの1411khz Jazzは、かなり良い感じで鳴ってくれる。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
USB3.0左x2 USB2.0左x1 右x1 背面x2 D9背面x1 LAN背面x1 AC背面x1 排気左x1
筐体強度は十分高い、キーボードの撓みは構造上仕方ないレベルで他より、ずっと良いレベル

◆ 排熱:筐体の温度
強制排気は、ゆったり起動。 強力で全く熱を感じることは4月摂氏15℃程度では無い。
HDD熱の表面伝播も無く、デスクでも快適に利用が可能。

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
今回の搭載ドライブはTSSTcorp DVDWBD TS-LB23A BD再生はWinDVD8 
光学ドライブは標準レベル ノイズ有り。 冷却ファンはクロック低下時には気に成らない。
逆に、高い負荷時には強力に回ってくれて、風量も十分なので、とても良い。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
本体は比較的軽い。 但し、液晶より大きいので6インチクラスのケースは必要。
ゲーミングなら15.4バッグにもギリギリ収まる。

◆ その他
HDD1 データードライブ

CrystalDiskMark 3.0.1
 ReadWrite
Seq.115.342114.938
512k42.85541.838
4k0.5680.651
4k321.1060.735
型番Seagate ST9750420AS
(SATA)

Seagate ST9750420AS (SATA)
-----------------------------------------------------------------------
CrystalDiskMark 3.0.1 x64 (C) 2007-2010 hiyohiyo
Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
-----------------------------------------------------------------------
* MB/s = 1,000,000 byte/s [SATA/300 = 300,000,000 byte/s]

Sequential Read : 115.342 MB/s
Sequential Write : 114.938 MB/s
Random Read 512KB : 42.855 MB/s
Random Write 512KB : 41.838 MB/s
Random Read 4KB (QD=1) : 0.568 MB/s [ 138.7 IOPS]
Random Write 4KB (QD=1) : 0.651 MB/s [ 159.0 IOPS]
Random Read 4KB (QD=32) : 1.106 MB/s [ 269.9 IOPS]
Random Write 4KB (QD=32) : 0.735 MB/s [ 179.5 IOPS]

Test : 1000 MB [D: 0.0% (0.2/698.6 GB)] (x5)
Date : 2011/04/05 7:36:38
OS : Windows 7 Home Premium Edition [6.1 Build 7600] (x64)


店頭で流行ってた キャラこれKEYベンチ 2083 Aクラス

◆ 総評
良い点 DYNAUDIOによる音響環境 悪い点 15インチクラスには、ちょっと大きい筐体。

良好な1900x1080液晶 Audioの名に全く恥じないレベルの品質、出力を持つDYNAUDIO。
標準では無線OFFのゲーミングモデルらしい設定に、ハイエンドGPUの搭載。
出っ放しゲーマーには良い買い物です。

話題のハイブリッドHDD搭載も興味をひくMiyakiさんのレポートです。通常2基であることがほとんどのメモリスロットを本機は3基備えています、3つ目はキーボードの下。簡単な分解手順をメモしてくださっています。

台湾系だとあまり期待できないことの多い液晶ですが、GX660Rは好印象とのこと。また処理性能に加えてスピーカーの音質にも力を入れているMSIですが、スピーカーの印象も良好です。ハイブリッドではない通常のSeagate HDDも相当に速いスコアを叩きだしています。かなり全体的に好印象ですが、一番気になる点はキーボード、タッチパッドなど入力系でしょうか。 [2011-4-10]

< 免責事項 >
本ページ上の内容はレポーターさんが完全保証をしているものではありません。
本サイトの情報でおこるいかなる損害についてもレポーターさん、またサイト管理人も一切の責任を負い兼ねます。
自己責任のもとに情報を活用してください。

またレポートへの質問はレポーター個人に対してではなく、 「○○モデルのユーザーさんへ質問」といった広く問いかける形でお願いします。 主観以外のレポート内容で事実と異なる点があれば、管理人からレポーターの方にお伝えします。 ただ登録時のメールアドレス登録は任意ですので、連絡が取れないこともあります。

デル株式会社
HOME > レポート一覧 > Miyakiさんのユーザーレビュー