MSI MSI GX640

GPU
Mobility Radeon HD 5850
SandyBridgeも発売されCorei5では物足りなくなったので、ebayでESのCorei7 840QMを購入してみました。「Q3ESステッピングでOEM品とほとんど一緒だよ!QS品だからこれ安心アル」との謳い文句に負けた形です。

やはりプロセスルールが45nmに戻ったからなのか、クアッドコアの影響なのか、発熱は結構増えました。Corei5 450M との比較だとセンサー読みで5℃~10℃ぐらい違います。そもそもTDPが10W違うので当たり前ではありますが。

そしてやはりES品、HWinfo32ではEIST動いてないよと言われたりもします(実際は動作しています)。人柱的な要素が駄目な人は正規品を買いましょう。

ちなみに本機種MSI-GX640ですが、買った時に搭載されているメモリーがDDR3-1333に対応していたりします(corei5モデルもです)。なので都合メモリーもアップグレードしたような形になり、体感速度はアップ!!・・・・せず。


悔しかったのでオーバークロックして色々ベンチを取ってみました。

GPU@800mhz Mem@1100mhz Vol@0.975v

3DMarkVantage 9529P
3DMark06 13587
FF14 Low 4068

デフォルトのbios設定だと1.05v駆動なので電圧を戻せばもう少し性能を搾り出せそうです。

余談ですが、無線LANもIntel WiFi 5100からIntel WiFi 6200に換装。我が家だと5100はたまに切れるのですがが6200では改善しました。