フェイス Progress M2 53400A/DVR

GPU
MobilityRadeon 9700
◆ 購入のきっかけと価格
もともとデスクトップマシンを使っていたのですが、今年から大学に進むため、ノートパソコンが必要になり、それなりにゲームの出来そうなスペックの物を色々と検討した結果、値段等も考慮しこの機種に決定しました。購入価格は送料込みで \133875 でした。

◆ 実際の体感速度
Cel1.2GHz、Radeon8500からの乗り換えでしたので、前とは比べ物にならないぐらい速いです。
ちなみにSuperπ104万桁は1分2秒でした。

◆ 液晶の質
初めての光沢液晶だったので写り込みが多少気になるのですが、視野角が多少狭い以外は問題もなく、ワイド画面も迫力満点で、綺麗な液晶だと思います。ドット欠けもありませんでした。

◆ キーボード
これですが、先にレビューされた方の投稿にもあるとおり、通販での表示と多少違うようです…
感触に関しては、私が元々パンタグラフ好きなせいもありますが、全く問題なしだと思います。配置もそのうち慣れるでしょう。

しかしタッチパッドは認識が鈍く、まるで使えません。ロジテックの光学ワイヤレスマウスが同梱されていたのですが、これはタッチパッドの性能の悪さを認めての事なのでしょうね。

◆ サウンド
ノイズ混入も無く、比較的クリアな発音で気に入っています。

◆ 筐体:強度と質感
ここが一番気に入っている所で、デザインに関してはもうケチのつけようがないです。強度も弱い部分はまるで見あたりませんでした。

◆ 筐体:各種コネクタの位置
全て側面に配置されているおかげで抜き差しが非常にしやすいですし、そのおかげもあってか奥行きも短く、ノートPCの後ろ側に、ケーブルの干渉なく外付けHDD等を配置できるのはとてもよいと思います。

◆ 筐体:発熱と冷却ファン音
以外と静かです。重い作業を続けない限り激しく回転することは無いです。強いて難点を挙げれば、排気口が右側奥にあるおかげでマウス使用時に温風が右手に当たるのですが、配置的に見て仕方のない事だと思われます。

◆ ACアダプタ:大きさや発熱
発熱も大きさも普通です。

◆ モバイル性
思っていたより軽くて驚きました。持ち運ぶ用事があってもこれならそれほど苦にならなそうです。

◆ その他
ボリュームコントロールやパラレル等、まだ欲しかったものはありますが、デザインに負けて妥協してしまいました。

◆ 総評
総合して見ても隙の無い作りで、ASUSグッジョブと言った感じです。納期は丸1ヶ月かかりましたが、コストパフォーマンスは抜群だと思います。