ヒューレットパッカード HP Pavilion dv6

GPU
Radeon HD 6770M
◆ 購入のきっかけや価格
Acerのインテル対応が返金であったこと。親に買ったHP dv7についていた
指紋認証がすごい便利だったことから、発売日にぽちりました。

お値段は10万とちょっと。足は出ちゃいましたがSSD にしたかったんです!
なお、グラフィックスは「AMD Radeon潤・HD 6770グラフィックス」になります。


◆ 体感速度の変化
前回とはSSD以外しか構成が変わっていないのですが、
起動時間とかインストール時間がとても早い印象です。


◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
視野角は狭いのですが、狭いなりに上下幅はAcerより上に思えます。


◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
タッチパッドがONOFFできるのはうれしい。キーを打ちながら触ってしまうのがなくなります。
パームレスにフレームがあり、段差になっていて、キーを打つときにちょっと痛いです。


◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
スピーカ結構いいはずなのですが、音がこもって聞こえにくかったです。
ただ、ヘッドフォンジャックが2個あります。これは面白いと思った。


◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
がっちりしていると思います。
ただ、底面にある、メモリ交換を行う時にあけるフタが螺子ではなくハメ込み式。持ち歩いているときに外れそうで怖いです。


◆ 排熱:筐体の温度
左のパームレスが結構暖かに。
右がとても冷たいので、温度差が気になります。


◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
ファンはちょっと煩いかもしれません。
光学ドライブは静か。当たりだったかもしれません。


◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
思ったより軽かった。
アダプターは口がL字型でないのが不満。場所もとるし、ごろ寝時に横に倒せない。


◆ その他
指紋認証はやっぱり便利です。


◆ 総評
SSDと指紋認証だけでも、Acerから乗り換えた価値はあるかなと納得しています。
ただ、パームレスのつくりは不満があります。長時間お仕事で使う人だと、手首に痕がついちゃうと思いますよ。なので4点です。