アップル MacBook Air MC505J/A

GPU
GeForce 320M
◆ 購入のきっかけや価格
外出用としてVAIO type P(初代)を使用していたのですが、
レスポンスの悪さに耐えきれず買い替えを決意。
MACは初めてですが、価格・性能・液晶サイズが決めてとなり
当機を選択しました。
使途がメールやWeb参照程度なのでローエンド機で十分と判断し
7万円前半で購入できる当モデルを選択しました。


◆ 体感速度の変化
OS起動/各種オペレーションに対する応答が劇的に早くなり
快適そのものです。


◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
輝度は十分明るいと思います。普段は60~70%で使用しています。
視野角は左右は十分広いと思います。上下の視野角は左右に劣りますが
液晶パネルを微調整して自分の目線に合わせるだけなら十分です。
発色は良いと思いますが、再現性を求められるような用途に使用して
いないため、良く判らないというのが正直なところ。


◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
配列はMAC初心者なのでWindowsでの操作に
戸惑っていますが、慣れの問題と割り切っています。
キータッチはVAIO type Pほどしっかりした感じは
無いのですが(有体に言うと安っぽい)、不満という
レベルではありません。

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
思っていたより良いです。モバイルノートであることを
差し引けば悪くありません。
また音割れは今のところありません。


◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
質感は悪くないのですが、思ったより滑りやすく
サッと持った時に手から滑り落ちないかが心配。
筐体強度は良いですが、やはり液晶ヒンジの弱さが大きな不満です。
コネクタ配置は、この薄さでUSBが左右に1つずつある
時点で文句を言えないと思います。


◆ 排熱:筐体の温度
思ったより本体側が熱くなります。
ひざの上に置いての長時間作業は厳しいかも知れません。


◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
動画再生時に多少気になりますが、他のノートパソコンと
比べてうるさいということはありません。
最も、普段はW700dsを使っている身なので静粛性に対する
感覚がマヒしているだけかも知れません。


◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
外出時は初代iPadも携帯していますが、これと比べて若干重いと
感じる程度です。
ACアダプタは大きさはがんばってくれていると感じますが、
もう少し薄くなってくれていたら尚良かったと思います。


◆ その他
前モデルにあったキーボードライトが欲しかったですね。
あと、MAC OSと併用しているためSSDは128GBにすれば
良かったと後悔しています。
購入前にはCPUが非力でガッカリする事を想定してたのですが
モバイル用途なら1.4GHzでも十分で、良い意味で期待を
裏切ってくれました。


◆ 総評
価格性能比の高い良いマシンだと思います。
他のメーカーも、当機と購入を迷うくらいバランスの取れた
モデルを出してくれるとうれしいのですが、私の知る範囲では
見つけられませんでした。
あえて不満を挙げるならディスプレイのヒンジの弱さ。
贅沢を言うならACアダプタのもう一段の小型化でしょうか。