MSI MSI GT660R

GPU
GeForce GTX 285M
◆ 購入のきっかけや価格
ようやく値下がりしてきた為、Amazonにて7万強

◆ 体感速度の変化
いきなりSSD換装したため、特に遅くもなく

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
これが難点。かなりの安物ノングレア、型番はAUO15ED。視野角が非常に狭い上に、黒が明るいというか、バックライト関係なく全体に色が白っぽい。

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
MSIのトランポリンキーボード。一度外して両面テープを張ると浮かなくなります。キーボード裏はもろ鉄板シャーシなので、固定さえしっかりすれば良好

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
これは最高。昔のQosmioを超えたか。音量の最大が普通のノートよりかなり大きいにもかかわらず聞ける音が出てます。このノートで一番のポイント

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
エイリアン程ではないものの電飾あり。OEM用の?Galleria QF560等はこれ以外にも色々コストダウンされてるので、MSI製の価値はあり。
コネクタ等は普通、DVIが欲しい位。

◆ 排熱:筐体の温度
ファン周辺は熱風状態ですが、キーボード付近は問題なし、この辺は厚みのある筐体が有利に働いてる模様

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
ゲームでは当然うるさいものの、こんなものだと思えば普通?。強制ファン全開ボタンで冷却ができるのが便利です。
光学ドライブもまあ普通でしょう。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
ゲームノートと思えば比較的軽くて小さいほうなのでは。ACアダプタもそう考えれば無難な大きさ

◆ その他


◆ 総評
スピーカは期待通りで、性能もスペック通りなものの、液晶が想像以上に悪かったのが残念な点。筐体は豪華なので、安売りしてくれないエイリアンよりも、私はMSI派です。次はGT780が出てくれると嬉しいですが。