HOME > レポート一覧 > Ryox731さんのユーザーレポート

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

ThinkPad T420  Ryox731 さん Ryox731 さんさんのほむぺ

>> Lenovo

  No. 3632

  • Core i5 2520M 2.5Ghz
  • 4 GB
  • Win7 x64
  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 7.1 7.4 5.7 6.5 5.9 5.7
CrystalDiskMark 3.0
 ReadWrite
Seq.86.1984.56
512k30.0139.64
4k0.361.058
4k321.000.815
型番HTS723232A7A364

Windows 7 64bit
Core i-5 2520M 2.5GHz(3.2GHz)
2GB×2メモリー
nVIDIA NVS4200M Optimus
14インチ液晶;1600×900(WXGA++)
320GB 7,200rpm HDD
WEBカメラ内蔵、指紋センサー内蔵、Bluetooth内蔵

◆ 購入のきっかけや価格
大学の研究室に配属され、高性能かつモバイル性で購入しました。
7月の価格改定前だったので、それなりにしました。T420sも視野にありましたが、
排熱性とHDDが7mmであること、それから高価であることから却下しました。

◆ 体感速度の変化
64bit 7が乗っていると思えない程速いです。SandyBridgeになり、グラフィック性能が向上しており、加えてnVIDIA optimusにより自動でGPUを切り替えるのでとても快適です。

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
相変わらずのノングレアで映り込みを気にせず作業でき、気に入っています。
1600:900ですので、今までスクエアでなれた僕はやや狭く感じますが、
ある程度慣れもあると思います。
左右に表示して比較したり、右にパワーポイントと左にワードを表示して作業できるところは気に入っています。
本来Xシリーズ専用の「Reading Optimizer」というソフトですが、
自己責任でlenovoのHP上からダウンロードし、インストールできます。
これをインストールして、ThinkPadを左右に立てると、自動で画面が回転し、ウルトラナビ・矢印キーの向きも変わります。PDFなどを閲覧するときに重宝しています。

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
lenovoになっても変わらないどころか、むしろ良くなっていると思います。
打鍵音が静かなのに、とても打ちやすくて他のPCのようにストレスがたまりません。
トラックポイントも使いやすく、これだからThinkPad以外を使えません。

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
ステレオでドルビーバーチャル対応とのことで、確かに臨場感が増しています。
内蔵にもかかわらずかなり大音量が出せることがアピールポイントだと思います。
テレビ電話なのでは重宝します。
ただ、普通に音量を上げていくと軽く右側が音割れしました。
10時間×1週間のエージングを行うと、改善されました。
新品時からの使用では、少しの間(エージングが完了するまでの間)音割れするものと、考えられます。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
左にUSB2.0×1、右にUSB2.0×2、さらに背面にパワードUSB2.0×1と、
豪華な装備です。映像出力が充実しており、アナログ15ピンに加え、ディスプレイポートを備えています。Expressカードスロットを一基搭載しています。
オプションで4in1カードスロットを搭載しているので、拡張性は良いと思います。

◆ 排熱:筐体の温度
BIOS制御でなく、TPFan Controler(有志が作製したThinkPad用Fanコントローラーソフトウェア)を使用しているからか、
パームレストもキーボードも、PC裏も暖かくなりません。
高負荷が続いても、大した温度(不快に感じる程)にはなりません。
排熱設計がしっかりしているのも、ThinkPadの特徴ですね。
また、HDD内蔵位置が左手前側ですので、右手でトラックポイントを操作し、パームレストの手首をおいていても、暖かくなりません。

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
HDDのノイズはほとんどありません。作業が不快になることはまずありません。
Fanの音も大した音にはなりません。軽作業ではほぼ気にならず、
高負荷時に多少気になるか気にならないかといったところです(BIOS制御)。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
DVDドライブを抜くと、十分持ち運べる軽さだと思います。
純正で2.24kgですが、DVDドライブを抜くと、2kg前後となります。
また、ACアダプタは、ThinkPadユーザーなら、前機種のアダプタが使用可能なので、
家と学校(会社など)に置いておけば問題ありません。
バッテリーに関しては、4セルでは少しもの足りません。
ACアダプタとの性能差を少なくし、快適に使用できる設定で、Officeソフトの操作+ネットサーフィンで3時間持ちますが、できれば6セルはほしいところです。
6セルまでは、本体からはみ出ませんので、良いと思います。
また、ウルトラベイ(光学ドライブ)に収納できる、ウルトラベイバッテリー(3セル)
を挿入できます。こういった拡張性が高いことは、ユーザーとしてうれしいです。

◆ その他
トラックパッドですが、マルチタッチに対応しています。
lenovo ENHANCED EXPERIENCE 2.0 (EE2.0)ですが、
ほぼ同性能の機種と同時起動すると、確かに速いです。
5秒程速く起動しました。
また、シャットダウンも同じく速く、スリープからの復帰も極めて高速だと思います。

◆ 総評
lenovoになっても、ThinkPadは変わっていません。
T60ではIBM色が残っていたため、評価しようがなかったですが、
今ではもう、完全にlenovoカラーに染まっています。
ですが、ThinkPadは今までと同じように現在も進化し続けています。
商品到着までの流れに関しても、HDD在庫なしで3-4週間かかるはずが、
2週間で到着しました。その間のWEBスターテスやメールでのやりとりもスムーズで、
何ら変わりないものと思っています。
これからも便利なツールとして使用し続けたいと思います。

Tシリーズは画面のアスペクト比がこの世代から16:9に変わっています。変更された主因の1つはコストの問題と言われていますが、縦の狭さは違和感のあるところです。カジュアルユーザーなどはブラウザのお気に入りバーを出しっぱなしにする割合が多いと言われていますので、横長画面は便利だったりするのかもしれません。Ryox731さんはパワポとワードの併用でうまく活用されてます。

レポ中に出てくる「Reading Optimizer」の詳細は以下に書かれています。
 → Lenovo リーディングオプティマイザー (Windows 7)

ノートブック型パソコンで電子書籍や資料を読みやすくするためのユーティリティ ソフトウェアです。
このソフトウェアを使うと、ノートブック型パソコンを縦長方向、横長方向に回転させた時、自動的に表示画像を回転させることができます。
また、コンピュータの消費電力を下げたり、画面の明るさの調整や、タッチパッド設定の調整など、電子書籍や資料を読む環境の最適化を行うことができます。

不思議に思ったのですが、表示画像が自動的に回転するということは傾きを検知するジャイロセンサーでも内蔵しているのでしょうか。私も寝転がって電子書籍を読む時は、デスクトップ画面を90度回転させているのでこれは便利そうです。以前はIntelのグラフィックスドライバには画面回転のホットキーがありましたが、最近無くなっているような。 [2011-8-7]

< 免責事項 >
本ページ上の内容はレポーターさんが完全保証をしているものではありません。
本サイトの情報でおこるいかなる損害についてもレポーターさん、またサイト管理人も一切の責任を負い兼ねます。
自己責任のもとに情報を活用してください。

またレポートへの質問はレポーター個人に対してではなく、 「○○モデルのユーザーさんへ質問」といった広く問いかける形でお願いします。 主観以外のレポート内容で事実と異なる点があれば、管理人からレポーターの方にお伝えします。 ただ登録時のメールアドレス登録は任意ですので、連絡が取れないこともあります。

デル株式会社
HOME > レポート一覧 > Ryox731さんのユーザーレビュー