Lenovo Lenovo G570

GPU
Intel HDG 3000
◆ 購入のきっかけや価格

ネットを見てみていたらG570 i3-2310Mが34800円になっていたのでポチリ
今ノートPCはたくさんあるのでいらなかったんですが・・・
この値段でSandy Bridge搭載、HDD500GB、メモリー2GB。ネットブックでもこの価格より高いものもあります。今後円高が進んだらどうなるんでしょうね。

◆ 体感速度の変化

i5-2410Mと体感速度はあまり変わりません。いつもはすぐにSSD換装、メモリー増設をしてベンチとかとるのですが、今回は購入したままで使ってみました。
グラフィックを多用しないプログラムではこれで十分すぎるかと思います。
HDDはWD5000BPVT(5400RPM,8MBキャッシュ)ですがあまり早いHDDではなく、Sequential Read、Writeともに90MB/s程度のようです。ここがネックのようで電源オフから起動まで60秒くらいかかります。メインに使われる方はSSDに載せ買えたほうがいいかと。

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など

先達の報告例にもあるように液晶は少し青色が強いです。グラフィックオプションで調整すればそこそこ見栄えします。
発色は普通ですね。LED液晶ですがほんのちょっとの角度の違いで色変化をしてしまうのが残念。上下の視野角はものすごく狭いです。

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド

キーボードはキーの反発がやや強い感じです。強く打鍵する人にはいいかもしれませんが、あたしにはちょっと硬く感じます。少々強く打鍵してもたわまないのは優秀です。キャラクターキーはある程度の大きさがありますが、記号キーやエンターキーがちょっと小さいです。間違ってテンキーの「7」やNumLockを押すことがしばしば。

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など

スピーカーはパームレストの下にあります。筐体の割にはいい音かと。ノイズはないですね。低音は伸びませんが澄んだ音に聞こえます。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置

筐体強度は十分。パームレストが金属製なのでひんやりとします。液晶はプラスチック天板ですがつやつやとしてピアノみたい。全体として結構高級感があります。

◆ 排熱:筐体の温度

長く使っていると左パームレストがわずかに熱を感じます。キーボードもQWEあたりが少し暖かくなりますが、外部GPUを搭載してないのを差し引いても全体に廃熱は良好です。通常の使い方では排気口からの排気はあまり熱くないです。内部構造設計がいいのでしょうね。

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ

CDを聞いてみましたが光学ドライブは静かです。
小さなことですが光学ドライブのイジェクトボタンが非常にスムーズ。こんなに反応がいいイジェクトボタンは初めてでした。好印象。
冷却ファンも耳を近づけないとわからないほどの音です。ベンチマークのときもあまり大きな音で回ってなかったように思います。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど

モバイルとして使うには重過ぎます。ACアダプターは65Wですがガムタイプの長方形のもので最近としては小さいほうです。

◆ その他

最近の流行でしょうか、状態表示LEDに白色LEDを使っています。
ヒンジが液晶側にあり。最大で150度くらいまでしか開きません。
いままでいろんな機種を買ってきましたが、Google Chromeが標準ブラウザーとして設定してあるのはこれが初めてでした。どうせChromeを標準ブラウザーにするのならGoogle日本語入力も標準にしてほしかったものです。そのほかにキングソフト辞書も搭載されています。相変わらずのMcAfeeはやめてほしいものです。

◆ 総評

今までG570はなぜか敬遠してきましたけど、使ってみると案外いい機種だなと思えます。普通に使うには十分な性能がありますし、キーボードも悪くない。今回はメモリー2GBでしたが4GBにするともっと快適に使えそうです。lenovo見直しました。人にもお勧めできます。
ただゲームをするには力不足ですね。