HOME > レポート一覧 > Leavesさんのユーザーレポート

本ページの情報は各レポーターさんが責任を負うものではありません。免責事項
レポ主さん自身による転載を除き、引用条件を満たさない転載は禁止です。

MSI GX660R  Leaves さん

>> MSI

 No. 3659

  • 長所: 筐体
  • 短所: 騒音
  CPU RAM Aero Game HDD Base
エクスペリエンス・インデックス 7.4 7.6 7.6 7.6 5.9 5.9
CrystalDiskMark 3.0
 ReadWrite
Seq.93.4190.16
512k33.2441.68
4k0.420.858
4k320.930.852
型番ST9500420AS
3DMark11 2186
3DMark06 12840
FF14 高解 2042
FF14 低解 3496
FF11v3 高解 6818
モンハン絆 9204

GX660R (GX66I7-4QHR)

◆ 購入のきっかけや価格
前回レポートのGT735からの乗り換えです。
AMD Radeon HD 6990Mを狙うつもりだったのですが、
コストパフォーマンスに惹かれてGX660Rを購入してしまいました。


◆ 体感速度の変化
前述の通り乗り換え前は前回レポートのGT735だったので、性能はCPU、GPUともにとても向上しています。
前述の通り本命はAMD Radeon HD 6990Mだったので妥協して後悔するかとも思いましたが、
個人的には十分満足できる性能でした。


◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
上下の視野角は若干狭い感じです、横は普通でしょうか。
Catalystの内蔵ディスプレイ設定で調整を行わないとやや緑がかった感じですが、
基本的に鮮やかで輝度も高めだと思います。


◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
キーボードは今時のアイソレーションキーボードです。
キーの下にホコリが入らないのは良さそうですが15.6インチなのでキー配列がちょっとつらいです。
タッチパッドはSynapticsのパッドをつけた個体もあるようですが、
私の購入した個体はSentelicのものでこれはちょっと使いづらいです。


◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
サウンドはMSIさんの宣伝文句通りスピーカーはDYNAUDIO、
オーディオ回路周りにも気を使っていると言うだけあって
ノートなのになかなか良い音だと思います。


◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
デザインはやはりゲーミング風で、質素なのが好みなのでLEDはオフにして使っています。
質感や強度は良いと思います。
ゲーム前提での配置なのか左右にUSBコネクタが1つずつ手前寄りに配置されてるのは好印象です。


◆ 排熱:筐体の温度
CPUに高負荷がかかっている時は排気される熱はかなり熱いですが、
その分熱はこもってない感じで排気まわりのフレームはさすがに熱くなりますが
内部の熱はしっかり排熱できてる感じです。


◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
光学ドライブはディスクの回転あがる前だけちょっとうるさいです。(TSSTcorp TS-LB23A)
冷却ファンも強力なので、個人的には気にしてないですがファンの音は結構します。


◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
アダプタはやや大きめですが、本体は15.6インチ相応です。


◆ その他
初期構成はRAID0構成になっていますが、個人的にRAIDは嫌いなのでAHCIに変更しています。
また、今回のベンチマークは全て通常モード(非Turbo)で計測しています。
GT735もそうでしたがTurboモードはおまけくらいな印象です。
基本的に排熱は良いためTurbo BoostやGPUクロックもあまり抑えられておらず、
素の状態でも十分性能を引き出せてる印象です。(その分Turboモードの伸びが微妙とも言えますが)
ちなみにBIOSは8/30時点最新の3.0Jです。


◆ 総評
サウンドや質感の良さ、排熱の良さによる安定したパフォーマンスは大変良いと思います。
きっかけは価格の安さに惹かれてつい買ってしまったという感じでしたが、
期待以上のノートで大変満足してます。


------------------------ 2011.9.29 追記 ------------------------

本日(2011/9/29)公開のAMD Catalyst Mobility 11.9をインストールしたところ、グラフィックスおよびゲーム用グラフィックス評価が7.3となりました。
最初は評価に誤差が生じたのかと思いましたが再評価を行っても7.3固定のため、追記より報告致します。

*前回のレポート時の評価は先月バージョンのAMD Catalyst Mobility 11.8のものです。


------------------------ 2013.4.20 追記 ------------------------

そろそろGX70辺りを検討してたりですが、
古いモデルながらGX660Rもまだ販売されてるようなので、追記レポしてみます。
1年を経過後メモリは8GB(4GBx2)にしました。

intelチップセットドライバ 9.3.0.1019
AMD Catalyst 13.3 Beta3

上記ドライバに更新したところ、WEIに大きな変化が見られました。
オーバークロック等はしておりません。

タッチパッドのサプライヤーはSynaptics製とSentelic製の2種類あるらしいというLeavesさんのレポートです。ThinkPadだと同一モデルでのキーボードの違いが話題になることがありますが、多くの場合パーツメーカーの違いが語られることはありません。本機のタッチパッドについても事前調査する方はほとんどいないと思いますが、実際には使い勝手に大きな差が生じています。

例えばタッチパッドの右隅を縦になぞってスクロールさせる機能はSynaptics社の特許だそうで、U135のSentelicタッチパッドでは角をタップしてスクロールさせるようになっています。



液晶もそうですが、タッチパッドのメーカーまで書かれてませんので完全に当たり外れの世界ですね。 [2011-9-2]

Catalyst Mobility 11.9の導入によるWindowsエクスペリエンスインデックス値をアップデート。 [2011-9-30]

WEI大幅アップとなったドライバ更新の結果を送って頂きました。 [2013-4-22]

< 免責事項 >
本ページ上の内容はレポーターさんが完全保証をしているものではありません。
本サイトの情報でおこるいかなる損害についてもレポーターさん、またサイト管理人も一切の責任を負い兼ねます。
自己責任のもとに情報を活用してください。

またレポートへの質問はレポーター個人に対してではなく、 「○○モデルのユーザーさんへ質問」といった広く問いかける形でお願いします。 主観以外のレポート内容で事実と異なる点があれば、管理人からレポーターの方にお伝えします。 ただ登録時のメールアドレス登録は任意ですので、連絡が取れないこともあります。

デル株式会社
HOME > レポート一覧 > Leavesさんのユーザーレビュー