ACER Aspire 8951G

GPU
GeForce GT 555M
◆ 購入のきっかけや価格
某電気チェーンを散策している時に展示処分品(約10万)で出ていたため迷いましたが、18.4型の巨大ノートPCを一度使ってみたかったので購入。
安くなっていた一番の理由は天板に少しキズが入っているからということでした。

◆ 体感速度の変化
SSDに換装したため、電源起動時も30秒以内で立ち上がり大満足。
HDDが2台あるため外付けHDDを利用する必要がなく使い勝手という意味での体感速度は大きく上がった。

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
光沢液晶なので、蛍光灯の位置によっては写りこみがあるが、気にならない程度。
視野角は上下はあまり高くない程度で通常使用する分には問題なし。

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
良い点
上下左右キーが独立しているが若干小さめ。
キータッチはアイソレーションタイプだが打ちにくくはない
変り種な機能としてタッチパッドは取り外して使えるためPCから離れても利用できるし、映画などのキー操作も可能
悪い点
ファンクションキーが5個単位で分かれていないため打ち間違いしやすい。
エンターキーの左の「む」キーの右側が角ばっているためエンターキーを打つときに当たってしまう。
左右クリックキーが一体型でキーの外側がそのままむきだし?になっているので、ひじをついてWEB閲覧をしている際に間違ってあたってしまうことがある。
取り外して使える分タッチパッドとしては使いづらいので基本はマウスを利用している。

キーボードは一番利用するところなので、もう少しがんばってほしい

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
ノートPCにしては低音が響くため迫力がある

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
質感はブラックで統一されているし、指紋があまりつかないのでよい。
右手前にUSBが3つ並んでいるためどれかひとつでも右奥にしてほしい。それ以外は不満なし。

◆ 排熱:筐体の温度
ベンチマーク中もキーボード上は熱くならないため快適。

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
ファンは常に回っているが高い音ではないので気にならない程度。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
120WのためACアダプタは結構大きい。
本体は室内を持ち運ぶだけならまったく問題なし。

◆ その他

初期変更後
CPU7.37.4
RAM7.67.6
Aero5.96.8
Game5.36.8
HDD5.97.6


主な変更点
HDD+HDD→SSD+HDD(80G+750G)
GPU設定を高パフォーマンス(独立GPU優先)に変更

◆ 総評
今まで利用する場所が固定していなかったので、外付けHDDを利用しなくてもすむSSD+HDDの構成がこんなに便利になるとは思ってもみなかった
SSDの換装時にはTrueImage2010を利用しましたが初期HDDにあった約20GBのリカバリー領域があるためHDD容量がもったいないですね
換装後リカバリー領域をフォーマットしてもCドライブの容量を増やすことができなかったためそのままにして利用しています。