ドスパラ Galleria QF560

GPU
GeForce GTX 560M
◆ 購入のきっかけや価格
家族にノートを取られ、しばらくはスマートフォンでちまちまインターネットをしていましたが、ついに我慢できなくなり購入。

◆ 体感速度の変化
初クアッドコアでしたが、GT-F2と比べて体感はまったく変化なし。SSDを選べば体感も変わったかもしれません。

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
さすが光沢タイプ、色が鮮やかです。輝度は眩しすぎるくらい。発色は青がちょっとだけ強い。
モニタのハードウェアIDはLGD01E9

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
GT-F2と比べてエンターキーが小さくなってちょっと押し辛い、キータッチはへにゃへにゃしてます。タッチパッドのクリックボタンは柔らかく押しやすい。

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
とくに良くはありませんが、音量はしっかりでます。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
質感はかなり安っぽい。全体プラスチックですので強度は期待できません。

◆ 排熱:筐体の温度
3Dベンチ中でもパームレスト部はまったく熱くなりません。ただし、裏面の廃熱口付近は熱いです。

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
冷却ファンはアイドル時は気になりませんが、MAX回転時はドライヤーを強にしたような猛烈な騒音です。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
ACアダプタはMAX150Wだけあってデカイです。

◆ 総評
筐体は残念な質感でしたが、排熱はしっかりしています。裏蓋をはずしてみましたが、GPUはマザーに直付けタイプではなく、MXM規格のタイプみたいです。