パナソニック Let'snote CF-J10UYNHR

GPU
Intel HDG 3000
◆ 購入のきっかけや価格
VAIO-Z (VPCZ139FJ)の持ち運びが辛くなって来た為w

◆ 体感速度の変化
全体的にキビキビ動作し好感触

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
グレアタイプであるのでVAIO-Zの比べると靄がかかったような印象ですが、慣れます。その他は平均レベルかと
解像度はこのサイズで1366x768は十分広く感じます
Chromeのフォント設定は中くらいでないと読みにくいかもです

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
手の大きい人にはちょっとしんどいかもしれません。
私は比較的小さいほうですのでさほど苦になりませんが掌の腹部が筐体へりにかかるので長時間の打Keyでは問題になってくる可能性あります


◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
一応スピーカ着くんだ^^;程度のものです


◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
かっしりした感触で個人的には好ましいです。
表面的にはプラスチッキーで安っぽく思う人はいるかもしれませんが

◆ 排熱:筐体の温度
左側の丁度小指を掛けたくなる位置に排熱口があり、高負荷時は熱くなり、指が置けませんw これはちょっと嫌なところです


◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
グラフィックで高負荷時はかなり強烈にファン回転します。
指が置きにくくなるほど。。。うまく排熱されているとも解釈できるでしょうかw


◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
CF-R7のACより若干大きいです。
一般的には十分小型軽量と言えると思いますが


◆ その他
バッテリ持ちは電源管理プランを省電力モードとすればスペックなりに90%程度で6-11時間などなります。
同じく省電力モードでグラフィク多用時(FFX1など)は残90%程度で4-5時間、グラフィック多用でプランを高パフォーマンスモードでは残90%で2時間程度となります。
一応納得できる範囲かと考えています。
省電力モードでのグラフィック処理(FFXI)では性能抑制なりに応答性が若干劣化しますがプレイに致命的影響の出るほどでも無いです。

FF11ベンチマーク(High)の4033は電源管理プランの高パフォーマンスでの記録です。
FF11のプレイ感触では、ちょっと予想外でしたがVAIO-Zより良好です。
キャラが多数居る場所での表示の応答性、チャットの変換応答性、いずれもVAIO-Zより断然快適です。
逆にVAIO-Zがなぜそういう条件(キャラ多数な場所)で劣悪になるかという問題かも
ですが。
VAIO-Zのベンチ結果は7800-8000とこの機種を圧倒しているはずなのに、です。
謎です
※とあるサイトで紹介されているWin7/Vistaでの3フレーム遅延問題対処やAero無効でもVAIO-Zの問題は改善していません
※Zの問題はAeroのサービス停止(完全無効化)でどうなるか再検証してレポートします

◆ 総評
ほぼ購入動機通りの機能と、想定外に良好なパフォーマンスを発揮してくれてますので良い買い物であったと思います。
FFXIの2nd向けその他でしたが1st用(メイン)に昇格してますw


------------------------ 2011.11.14 追記 ------------------------

VAIO Z 型番: VPCZ139FJ/S 店頭販売モデル (GPU: GeForce GT330M)

その後、Aeroサービス停止でも動作不良状況は改善せず、恐らくSonyはこういう些末の問題でドライバ更新は
しないであろうという予測や、CF-J10とUSB3.0の外部メディアも共通化できないなどの事も考え合わせ、残念
ながら売却する事にしました。

筐体デザインや液晶品質、ゲーム以外のパフォーマンスについては非常に気に入ってた機種でした;;