ドスパラ Galleria QF760

GPU
GeForce GTX 560M
◆ 購入のきっかけや価格
5年使ったノートが起動しなくなり買い替えのため購入
この機種にしたのはnVidia optimus非搭載で画面の大きいノートを探したらヒットしたため。
型落ちのため本体91980円と換装用SSD13980円と格安でした。

◆ 体感速度の変化
以前のノートはDellのXPS M1210(C2D Geforce 7400 Go)とは雲泥の差
現在使用しているデスクトップ(i7 940 Geforce GTX260)と比較しても体感性能では互角かと思います。

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
こんなもんじゃないでしょうか。特に問題はありません。

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
テンキーを入れるためにかなりツメツメの配置です。特に右手側の、。・¥などはほかのキーの半分程度のサイズになっており使いづらいです。
自宅で使用する際はUSBキーボードを使っています。

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
特に問題なし。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
特に問題なし。

◆ 排熱:筐体の温度
今のところこのノートで高負荷のゲームを連続してプレイする予定がないため詳しくはわかりません。ただ1タッチでファンを最高速にして廃熱するボタンがついているため負荷がかかっていると思ったときには強制廃熱することができるのはよいと思います。それ以外の通常使用時にパームレスト等が熱くなることはまずないかと思います。

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
ノートならこれくらいでしょう。普通です。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
考えてはいけません。本体もACアダプタもかなり大きくかつ重いです。

◆ その他
基本的に同じドスパラのQF560の液晶サイズが大きくなったと考えればスペック的には問題ないと思います。

◆ 総評
欠点はあるもののこの値段としては間違いなくトップクラスのコストパフォーマンスです(故障さえしなければ)。
定価で購入されても十分価値はあるのではないでしょうか。
どなたかの購入の参考になれば幸いです。