ドスパラ Galleria QF770

GPU
GeForce GTX 570M
◆ 購入のきっかけや価格
 家のノートを友人に譲ってしまって、デスクのみとなってしまったので持ち運べるデスクトップとして購入しました。購入の際の考えは、

1.性能(CPU&GPU)
2.その性能に対する廃熱&静粛性
3.価格

マウスコンピュータから販売されているNEXTGEAR-NOTE i950のGTX580M搭載機も考えました。
しかし蹴茶さんのレビューでベンチ時に温度が93℃と書いてあったのを見て、もう少し低い温度で運用できるものをと考えました。
そこに、ドスパラさんから販売開始の17.3インチで570M搭載機(QF770)に決定しました。ベースは、MSIノートの780DXのようですね。
価格は、20万以内ということも決定の一つです。

◆ 体感速度の変化
 家にある2台のデスクトップ(Phenom×4 955+HD5850 & i7860+HD5870)よりきびきび動く印象があります。まだ色々アプリ等入れてないからというのもありますが、満足してます。

◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
 液晶は、光沢タイプで明るく視野角は普通です。発色はやや青みがあるかもしれませんが、私は特に気にならないレベルだと思います。

◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
 最近流行りのキータイプで、特にたわみは感じられませんでした。

◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
 音はウーハーが積んであるようですが、ノートにしては良いのかなと思うレベルです。過剰な期待は禁物です。いわゆる普通より少し良いかなと言ったところでしょうか。

◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
 概観はプラスティック感が全面的に出ており、高級感感じられません。
剛性は厚みあるためかあるように感じますが、重さと比較するとないようにも感じます。コネクター配置は特に不満ありませんでした。USB3.0が2つあるというのは個人的には嬉しい部分です。

◆ 排熱:筐体の温度
 廃熱は良く出来てると思います。表面は熱くなるといったことはありません。ファンの音もアイドリング状態では静かです。
内部温度は、室温17℃でHardwareMonitorで計測してCPU、GPU共に通常35℃前後で、HDDはHitachi製で30℃いきません。
3DMARK06実行時では、CPU74℃、GPU63℃、HDDは変わらず29℃がMAXでした。
かなりGPU搭載ノートにしては、廃熱が良く満足です。

◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
 ベンチ時にはファンは回り始めますが、轟音というほどではなく昔7950gtx搭載のclevo機よりはかなり静かで驚きました。これも満足な部分です。

◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
 本体共にアダプターでかいです。
とはいっても昔からハイスペックclevo機を触られてる方なら抵抗ないと思いますが、モバイルとしては気合いります。
デスクトップを持ち歩くと思えばと前向きな方ならいけます。
 まず、これに合うインナーケースがありません。
私は持ち歩きたい人なのでインナーケースにいたっては、ランドアートジャパンという会社で18.4インチ用のやつを注文しました。ここしかこのサイズのやつを見つけれませんでした。
またバックは、リュックタイプなら登山用かミリタリーの大きいやつ、後はビジネスショルダーバックが18.4インチが入るとしてありました。個人的にはリュックタイプが欲しいので現在も探しているとこです。ポーターのリュックがいけそうですが、カバンで4万とかしますので悩んでます。

◆ 総評
 性能や静粛性(GPU機として)、発熱性能は素晴らしいと思います。見た目は安っぽいのが残念です。この点で4点とさせてもらいたいと思います。
とはいえ、性能重視で購入したので満足してます。