ASUS ASUS K53T

GPU
Radeon HD 6650M
◆ 購入のきっかけや価格
4万円台で安かったから購入


◆ 体感速度の変化
AMDのE350と比べると
IEでウェブページはもたつきもありません。

フリーソフトのFMEで動画をレンダリングしながらストリーミングしてみました。

解像度は512X384で1秒間に30コマ
CPU使用率が100%付近まで上がります。
これ以上の解像度、フレームレートは厳しそうです。
でも今現在のネットの回線の太さを考えると及第点です。
E350では320X240の10コマでやっとでした。

動画編集もしてみました。
フリーソフトのAVIutlです。
解像度は480X270です。
スムーズでした。
これ以上の解像度はどうかわかりません…


◆ 液晶:輝度、視野角、発色の印象など
以前のG475と変わらない印象。
青白っぽく、輝度はあります。が、明るさ下げないと目が疲れそう。


◆ キーボード:配列やキータッチ、タッチパッド
テンキーがついてるので、エンターキー周りのキーが小さくなり…
かな入力の「る」「め」「ろ」が小さくなってしまいました…。


◆ サウンド:音楽CDの印象や音割れの有無など
最大音量は小さめで、音割れは無いです。ノートではこんなものかな…


◆ 筐体:質感や強度、コネクタ配置
質感は凸凹加工してあって、値段の割には良い。
コネクタはUSB3.0があるのですが…まだ使ってません。
どれが3.0なのか…端子が青くなっている左側の手前が3.0ですかね。
3.0じゃなくても良いからUSBポートがもう一個あってほしかった。
HDMI端子があります!


◆ 排熱:筐体の温度
発熱で夏場が心配です…
触った限りでは暖かい程度。主観なのでなんとも。
高負荷でゲームやってる時は心配です。


◆ 静粛性:光学ドライブ、冷却ファンなどのノイズ
光学ドライブがギュイーンとなる時が。
ファンはサーという音がします。


◆ モバイル:軽さ、ACアダプタやバッテリーなど
バッテリーの容量を50%までに出来る
smart batteryを64ビットフォルダに入れたら使えました。
それだと100%の状態で1時間50分~2時間23分でスタンバイ状態になりました。
その2倍持つと思われます。
アダプタは大きい!
13cmX5.5cm
厚みが3cmです。


◆ その他
WEBカメラがレノボのG475に比べると結構良い。
word excel入ってません。
かわりにキングソフトの文書作成ソフトが。
全く使いませんが(笑)


◆ 総評
AMDのE350の性能と比べるとワンランク上どころか結構上だと思います。
7のサポート終了か、起動しなくなるまで使おうと思います。

昔セガサターンがこのぐらいの値段でしたよね。
それで、結構な性能のノートパソコンが買えちゃうなんて…
良い時代になったと。
円高もあるのかも知れませんが。

ウインドウ表示でFF11を試しました。
pol.exeとpolboot.exeをハイパフォーマンスにしたけど
協調動作効いてないっぽいかな?

バッファ
フロント1366X768
バック 2048X2048

キャラクター表示数最大で他最高設定でやってみました。

K53T FF11

ジュノ港でたたずんでると1秒間5コマになります。

で、影表示をOFFにするだけで+7~12コマぐらいフレームレート増える
これは雲泥の差でぬるぬるとは行かないまでも
この設定で遊べるレベル。
がキャラクターのロードが遅い。
なかなか他の人が表示されない。
でも満足。

来年はこのノートでPSO2をやる予定です。